ベタナミンその後

ベタナミンはよく効いている。
1錠×2回というのはかなり少量の服薬らしいのだが、私には合っているようで、ベタナミンを飲んでいれば会社でも仕事に集中でき、長時間働いても調子が良い。
飲むと熱が出るのは続いているが、これも慣れてしまえばなんということはない。
眠気がすっきり消えるのはありがたく、確かに「覚醒」剤なんだなあと妙に感心した。
だが、ハイになるとかハッピーな気分とかは感じなかった。

「これだけちゃんと仕事が出来るなら、もうすぐお薬も不要になるんじゃないかな」と思い始めた。
クリニックでの直近の診察の際には「私の巣立ちの時も近いな~」なんて感じ始めていた。(今更巣立ちというのも何だが、自分のイメージとして巣立ちという言葉が浮かんだのだ。まだ飛び立つ勇気はないけど、翼をばっさばっさと動かして、飛ぶ練習をしている雛の気分だった)
「先生、長いことお世話になりました」なんて言う日もまもなくか、と思った。
週末はベタナミンを飲む必要はないと思い、昨日今日と飲まずに過ごしている。
……眠い。猛烈に眠い。
平日にお薬で無理やり目を覚ましているツケが回ってきているのか、と思う。
とにかく眠くてたまらない。実際いくらでも寝られる。

そして頭が痛い。
私の頭痛は普段お薬がよく効くのだが、あまり効かない。ひどい頭痛ではなくむしろ軽い頭痛なのだが、ずっと続いているので辛い。

さらには……。
もうすぐお薬も不要になるかも~♪ なんていう楽観的な気分がなくなった。
やっぱりお薬ないと辛い、と思ってしまう。
ベタナミンを飲んでいない分、デパスが飲みたくなる。
あの「もう大丈夫かも」という気分も、ベタナミンの効果だったようだ。

ベタナミンはとてもよく効くお薬でありがたい。
会社が落ち着くまでは使おうと思っている。
でも、やはり副作用もある。依存はしたくない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: Re: タイトルなし

> > お辛いと思いますが
> > そのストレスをブログにぶつけてください
> > これからも読ませて頂きます
>
> Hさん
>
> コメントありがとうございます。
> 苦労はあるのでついブログで愚痴ってしまいがちですが、楽しみも大事にしたいと思ってます。
> たまには明るいネタも投稿しようと思ってますので、これからも読んでいただけたら嬉しいです。

ベタナミン

ベタナミンは薬の専門書にも「作用の穏和な覚醒剤」とズバリ書かれていますが依存症になるかならないかは、服用する人間によるのでしょうね。
僕も処方されて飲んでいますが今の所、用法・用量を逸脱した飲み方はしていません。
仕事を(例え精神薬を飲みながらでも)されているのは凄いことだし立派なことだと思います。

Re: ベタナミン

> ルートピアさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

ベタナミンはまぎれもなく覚醒剤ですよね。
ただ私にとっては幸いなことに、ハイになったりハッピーになったりという感じはしないので、幸福感を求めて服用するようなことはなかったです。
今はもうベタナミンは服薬していませんけど、やめるときもなんの苦労もありませんでした。時々、頓服で使ってます。
お薬は、上手に使えれば大きな助けになりますね。
私はカッとしやすいので、会社勤めをする上ではけんかっぱやくてトラブルを起こすことが多かったのですけど、デパスを使うようになってだいぶ楽になりました。我慢しすぎず、依存せず、うまくお薬とつきあっていきたいと思っています。
プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。「発達障害のわたしのこころの声」(学研)の著者です。
本には書けなかったこと、本を出してからの日々を綴っています。
会社員と一人暮らしが出来ていているのに、発達障害は確かなようです(診断済み)。



発達障害のわたしのこころの声 (ヒューマンケアブックス)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
広告


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR