FC2ブログ
>スマホの写真を見ながら絵を描く。初心者歓迎、個人レッスン。

ま、個人レッスンで確保できれば、あとは「スマホの写真を見ながら絵が描きたい」と希望を伝えればいいのだろう。そう思って「個人レッスン」重視で探してみた。
「東京 大人 初心者 絵 個人レッスン」のようなキーワードで探してみたのだけれど、ない。これが、ないのだ。
もちろんヒット件数はたくさんある。でも私の希望条件に沿うものがない。

どうやら絵の個人レッスンというのは、個人の題材で各自が絵を描くということを言っているようで(陶芸もそうかも)、別に個室とか先生と1対1というわけではない。教室に何人もがいて、それぞれが作品に向かっていることを個人レッスンと言うようだ。
違う、違うんだよ! 私の言う個人レッスンっていうのは、先生以外がいない空間のことなんだよ!
と思うのだけれど、そういう教室が見当たらない。
いや、お金に糸目をつけなければあるとは思うけど、普通の教室ではという意味。
あるいは美大の入試対策とか…いや、そんなとこじゃ保育園のお絵かきが苦痛でしたとか、いくらなんでも言えないし。
そういうところのサイトの写真のクラス写真は、何人もの人がぞれぞれのイーゼルに向かって絵を描いているような感じで…うーん、そもそもイーゼル使うような大作じゃなくて。夜、ひまつぶしに絵が描けるようになりたいのよ。
でも、習うとすると水彩画なのかクロッキーなのか油絵なのか、そういう分野のようなものも決めないといけないみたいだし、「〇〇教室」「××コース」のようなものはある程度分かってないとそもそも選べないよね…。本当の初心者は習うことも出来ないのか。道具だって分からないよ。

考えてみたら、そういう需要はないのかもしれない。ひまつぶしに描く絵をわざわざレッスン受けようとは思わないだろうし、ひまつぶしの絵も描けない人は絵を習おうとは思わないような気がする。

あ、でも、発達障害のある人のアートセラピーとか療育とかで絵を描くってあるよね? 発達障害者向けアート教室とか、どうだろう?
と、これも検索してみたのだけれど、残念ながら子ども向けばかり。1カ所だけ、これはかなり希望に添ってるかなと思ったところがあったけれど、都内とはいえ我が家からは都内を横断して反対側、ちょっと通う気にはなれないところだった。

んー…ないか。
他の趣味、探しなおすかな。

そう思いかけたところで、あったー!!!
教室ではなく、個人の副業のような「教えます」と「教えてください」のマッチングサイトのようなところだったけど、そういうところだと個人で教えてくれる。しかも、「写真を見ながら」というのがあった。そしてそういう個人の副業チックなところなので教室があるわけではなく、場所は喫茶店。つまり、まさかイーゼル使って油絵ってことはないだろう。道具も最初は用意してくれるらしく、てぶらでいいそうだ。

思い立ったが吉日。
こういうところの良く言えば行動の早さ、悪く言えば衝動性の強さは私の発達障害的特性かもしれない。思い立つと我慢が効かない。
早速、体験レッスンの問い合わせを出した。私はもう明日でも明後日でもいい感じだったのだけれど、結局2週間後になった。

悪くない。こういうワクワク感は、悪くない。久しぶりに、何かが「楽しみ」という気分。

しかし、私はどうしてこう、他人と一緒というのがダメなのだろうと自分でも情けなく思う。
絵のクラスで他の人が一緒だったとしても、それぞれ別のものを描いていたらそれでいいじゃないの。わざわざ他人の作品をけなす人もいないだろうし、そもそも他人の作品なんて気にしてないでしょ。ちょっと「こんにちは」「宜しくお願いします」「すごい、お上手ですね」「もうこちらに通われて長いんですか」それぐらいの会話が出来ないわけじゃない。なのに、どうして考えるだけでもそれほどストレスなのか…。
だけど、そういうところに行くと、こわばってしまってぎくしゃくして、駄目なのだ。

だけど、「大人の習い事」なんて検索すると、「大人の習い事は出会いの場!」なんていう記事も多くて、世の中には出会いを求めて、別に異性間や結婚相手と言う意味だけではなく、仲間を求めてという意味も含め、習い事をする人というのは多いらしい。
そういう人って、すごいなあ。私には絶対に出来ないなあ。

私は普段会社で、必要最小限の話を必要最低限の人達とはしていて、それで自分の仕事は成り立っている。だからもうそれでいいやと思っていて、そのことをあまり思い煩わない。
でも、やっぱり、私のコミュニケーション障害というのは結構重症なのだろうなと時々思う。

例えば友達とツアーに参加したとき。友達はすぐに一緒のツアーの人と当たり障りのない話や挨拶をしているのに、私にはそういうことが出来ない。無愛想で感じの悪いやつに見えるよね、ごめんねと思ってなんとか挨拶だけはするけど、明らかにぎこちなく、会話が途切れてしまう。

私の母などは習い事は人とおしゃべりするのが楽しいんじゃないのと言う人で、レッスン中のおしゃべりでは足りなくて、レッスン帰りに喫茶店に寄って何時間もおしゃべりするような人だ。受講を終了した後でも何年も仲間とつきあっていたりする。長いものでは何十年も続いているようだ。旅行に行っても誰とでも(ツアー仲間どころかご飯食べただけのお店の人とまで)仲良くなってしまうし、なんでこの母のコミュニケーション能力を遺伝してくれなかったのか…。
スポンサーサイト



2019.08.15 Thu l 日常 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿