FC2ブログ

私の雑談力

カウンセラーから、「あゆみさんて時事ネタとか興味ないですか。話に出ませんけど。東京オリンピックとかどうですか」と尋ねられた。
それで、「ああ、東京オリンピックですね!」と受けて立った。

私「この猛暑の中での東京オリンピックなんて、アスリートも危ないでしょうが、見物に来ているお年寄りとか、命の危険ありますよね。大丈夫なんでしょうか。心配です」
カ「ほんとですよね。競技開始時間を早めたりはしてるみたいですが」
私「30分マラソン開始早めたところで……」
カ「なにもこんな夏にすることないんですよね。もともと前の東京オリンピックは体育の日が制定されたように10月だったようですし」
私「なるほど。冬季と夏季に分けたからですかね。興行的な理由なんでしょうか」

そして、一息入れて尋ねた。
「この程度の雑談はします。競技に興味ないので種目には触れず、でもこの猛暑という季節ネタを織り込み、誰でもそうだよねと思いそうな話の展開。かなり高度な雑談力を駆使していると思っていますがどうですか」

カウンセラーは「十分です。とても良いです」と合格点をくれた。

私もこの程度の雑談はする。そしてこの程度の雑談が出来れば十分じゃないかと思っている。
幸い、雑談で会話の糸口をつかむ必要性が高いような仕事にはついていないし、一人暮らしの私はママ友づきあいもなければ義実家に気を遣う必要もない。
こういう限られた環境なら、これでいいでしょう。そしてこの程度の会話なら、相当部分にパターン化出来る。東京オリンピックと猛暑の会話なんてこの夏数えきれないほどしている。何度も繰り返しているので目新しさはないけれど、安心していられる。

カウンセラーもこれで十分と言ってくれたが、カウンセラーのいうところの雑談をしない人のレベルというのは凄かった。
「ワールドカップ見てますか」と問われて、「いえ、1秒も見ません」と即答。実話らしい。
確かにここまでぶったぎってしまうと会話は成立しないだろう。たとえその人が本当に1秒も見てないのだとしても。
私なら、興味がないのは同じだけれど、「サッカー分からないんですけど、こういうときはやっぱり日本応援しちゃいますね!」ぐらいは言うかな。
お、私ってこうやってみると結構雑談上手かも!(←言い過ぎ)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

誰かの発言を「受けて」の会話なら

あゆみ様、こんにちは。

「雑談」、私にとってはとても重要なテーマなので、またコメントさせていただきます。

私は「自分から会話を始める」「会話をふくらませる」のがすごく苦手です。
働いていたとき、職場のトイレに行くのが非常に苦痛でした。
同僚女性とバッタリ出くわしても、話しかけられない限りはずっと黙っていましたね。
相手の「話しかけたい」オーラを感じつつも
「上手い返しができる自信ないから、お願いだから黙ってて~」
といつも内心ビクビク。
しまいには、違う階のトイレまで足を延ばす始末。
たぶんあゆみ様がカウンセラーの方から聞いた
「ぶった切ってしまう」
タイプの人に限りなく近いかも知れません。
だからそういう人の気持ちがよくわかります。

主治医からは私の個性(特性)だから仕方ない、と言われています。
まぁ、世の中の大半の人は「自分がしゃべりたい」から、「ふんふん」と耳を傾けるようにしてればいいかな、と最近では思っています。
ただ、私は「他人の話題にすぐ飽きる」ところがあるので、長時間はしんどいんですけどね(脳が疲れてくるんです)。

それでは。

Re: 誰かの発言を「受けて」の会話なら

>明日香さん

こんにちは。分かります!
私もトイレを避けたことありますし、あと(休憩室みたいなところでの)お昼ご飯で顔を合わせるのが嫌で昼食を抜いていた時期もあります。お腹空きましたが、雑談するぐらいならお腹空いた方がマシでした。
今でも話しかけられるのは嫌ですが、エレベーターホールなどでは先手必勝作戦を取っています。どういう作戦かというと、こっちからあたりさわりのない話をしてしまう、です。端的に言えばお天気の話が多いです。今なら「毎日暑いですね」と言っておけばOK。相手の話の方が膨らませたり受け答えたり難しいです。その点、お天気の話を振ってしまえばエレベーターが来るまでぐらいならその話でもつので楽です。
ふんふん頷くのも、自分に興味がある話ならいいんですけど、芸能人とか時事ネタとか音楽とか自分には分からないものだと頷くだけでも疲れます。

用事がないなら話さないでいいと思うんです。親しい人ならともかく、どうして会社の人と顔を合わせるたびに雑談しないといけないんでしょう…
プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。「発達障害のわたしのこころの声」(学研)の著者です。
本には書けなかったこと、本を出してからの日々を綴っています。
会社員と一人暮らしが出来ていているのに、発達障害は確かなようです(診断済み)。



発達障害のわたしのこころの声 (ヒューマンケアブックス)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
広告


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR