FC2ブログ

私のポジティブな論理

転んでもタダでは起きない私。
診察で大泣きしたこともポジティブな材料にしてしまう論理を考えた。

こんなしんどいときに支えてくれるお医者さんがいてくれて良かったなあ。

この先生に会えたのは考えてみればパワハラ被害に遭ったから。

禍転じて福と成す? おお、まさにそうだったのかも!

今私はしんどい。

これはもしかして将来、福と成るのでは?
きっとそうだ。絶対そうに違いない!

だからまあ、もうすこしの間頑張っておくかな。
このしんどさが福に転じるまでの間、頑張ってみるかな。

今私は半ば本気でこれを信じている。
こんな都合のいい論理を信じられるのは、今までの人生でそう言える場面があったからだ。
このお医者さんに限らず、思い起こせば私は今までの人生で苦しいときには必ず助けてくれる人が現れた。
こう書くと他力本願のようだけれど、そういう人が助けてくれる気になるだけの努力はしていると自負している。

だから、今回も頑張ろう。
もう少し、頑張ってみよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。「発達障害のわたしのこころの声」(学研)の著者です。
本には書けなかったこと、本を出してからの日々を綴っています。
会社員と一人暮らしが出来ていているのに、発達障害は確かなようです(診断済み)。



発達障害のわたしのこころの声 (ヒューマンケアブックス)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
広告


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR