FC2ブログ

私は犯罪者になるでしょうか

前の記事で、発達障害と犯罪を結びつけないで欲しい、自分が不安になる……という話を書いた。私はこれは昔からの不安で、こういうことがあると結構来てしまう。
デパスではおさまらず、メンクリに行った。

でも、言いにくいなあ。でも、聞きたいしなあ。
私「先生、質問があるんですけど」
医「はい」
私「あのう……ああいう事件があるといっつも考えてしまうんですが……あの犯人て本当に発達障害なんでしょうか」
医「それは分かりませんねえ。私はあの事件を起こした人を診察したわけでもないし、全然知らない人が発達障害かは分からないですよ」
それはしごくごもっともでございます。
私「そうですね。えーと、本当にお聞きしたいのはあの犯人のことではなくて、私のことです」
医「はい」
私「私もその、なんていうのか、怒りの沸点が低いところとか…」
医「はい」
(私の心の声:「はい」かい! フォローはないのかい!)
私「衝動性が抑えられないところとか」
医「はい」
(私の心の声:これも「はい」なのか! 追い打ちかけないで欲しいんですけど!)
私「つまり、私もそういうところがあるわけで。私もああいう犯罪を起こしたりとか……しないでしょうか」
預言者じゃあるまいし、お医者さんが答えられるはずもないことを聞いてしまった。
しかし先生はあっさりこう答えた。
「あなたは大丈夫ですよ」
は?
医「あの事件については私は知りません。ただ、問題を起こす人というのは、周りを責める傾向があります。あなたのように自分の弱点をしっかり認識してはいません」

私も他人を責めることはある。
だから責める傾向を基準にするなら私だって危ないぞと思わなくはないのだけれど。

でも、お医者さんにあなたは大丈夫と言ってもらって、ほっとした。
本当かどうかは分からないけれど、ほっとした。

先生、ありがとうございます。
こういうところがやっぱりお医者さんはすごいなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

その「はい」は

追い打ちとか、「そうですね」という同意ではなくて、「あなたの話を聞いていますよ」ということを合図する、「相槌」ではないんでしょうか。私なら、そう判断すると思います。
 つまり「うん」という相槌は社会人として目下の人に向ける以外は、真面目なビジネスの場ではよくないことになっていますから、使うとすれば軽く、相手に先をどうぞ、と待ちの姿勢を示す「ええ」か、真面目に話を聞いていますよ、ということを表す「はい」の二択です。
 つまり、その「はい」2回は「話をまじめに聞いてますよ、どんどんしゃべってください」ということを示したかっただけだと思います。

Re: その「はい」は

>まこさん

こんにちは。またまた驚きのコメントをありがとうございます。
(なんかまこさんに通信教育でSSTをしていただいているような気がします^^)

「はい」って、肯定の意味ではないんですね。

いえ、そう言われればなるほどと思わなくもないんですが…
私が「あっ!」と思ったのは、私はそういう「はい」の使い方をしてこなかったということです。
例えばこの会話で逆の立場だったら、
相手「私の怒りの沸点は低いと思うんですが」
私「いえ、そんなことないですよ、心配しないで大丈夫です」
とか言っちゃいます。
だから、そこが本題ではないというところで話が長くなるんですね……。相手からすれば、そこは流してくれよ、と思っていたりもしたかもしれませんよね。

相槌の「はい」、練習してみようと思います。

あと私は「うん」も肯定の意味だと思ってます。
相槌として「うん」は使いますが、相手が言っていることに自分が賛成できなかったら「うん」とは言わないですね。相手の言っていることを肯定している前提で、相槌を打っています。
これも多分、「聞いてるよ」で使っていいっていうことですよね。

練習はいいですね

「はい」だと同意のような感じがしてしまうのであれば、相手の方を見ながら、うなずくのでも構わないと思います。
同意と思われない相槌の打ち方もあってもいいですからね。
その場合は、「そんなことを考えていたんですね…」とか、「(うなずきながら)それで?」とか相手の話を促す方向で行くと思います。
 これ、欧米人の場合には、相手の方を見ながら黙って聞く、というほうがいいみたいですが、日本人は割と、相槌を打つ方がいいと思う人が多いみたいです。文化差は、あると思います。
 これ、多分本とかマニュアルになってるんじゃないですかね?「傾聴マニュアル」とか。やり方がある程度形になっているものは、本を読むのもいいと思います。

Re: 練習はいいですね

まこさん

英語でもyesと言うと肯定の意味のような気がします。でもah-huh(とスペルのか知りませんがお分かりになると思います)と言っている分には肯定の意味ではなく相槌で済む気がします。実際にそういう違いがあるかどうかは分かりませんが、私の感覚的に。
傾聴マニュアル、ありそうですよね。今度カウンセリングに行ったら聞いてみようかな。

しかしここまでの長い人生、「はい」の相槌的意味合いを知らずに生きてきたとは。
こーゆーことだから定型発達との間にはコミュニケーションギャップが生じてしまうのかもしれません。
だって開き直るわけじゃありませんが、「はい」というのはやっぱり「はい、そうですね」の意味に受け取るのが自然じゃないですか……。

確かにねえ

uh-huhにあたる、相槌専用の音って、日本語にない気がしますねえ。あれ便利なんですけど。多分、「うんうん」が近いんでしょうけど、カジュアル専用っぽいですしね。
 マニュアルって、覚えれば便利ですからね…。雰囲気でこんな感じ、と身に着けるよりは、字とか絵で本になっているほうが、わかりやすいかと。
プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。「発達障害のわたしのこころの声」(学研)の著者です。
本には書けなかったこと、本を出してからの日々を綴っています。
会社員と一人暮らしが出来ていているのに、発達障害は確かなようです(診断済み)。



発達障害のわたしのこころの声 (ヒューマンケアブックス)

最新記事
広告
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
広告


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR