FC2ブログ

相変わらず役に立たないお医者さんのアドバイス

前回のメンタルクリニック受診時のがっかりネタは、「え? 私そんなこと言いました?」発言だけではない。
ついでに書いちゃえ。

過食が止まらなくてという話をした。どうも食べ過ぎてしまうのだ。私にしては異常なほどに。
そう言うと、先生の返事は「そっか。体が血糖値が上がる感じを覚えちゃったのかな」。
いえ先生、そんな分析どうでもいいですから。どうしたらいいのか、どうしたら過食を止められるのか教えてください。
がっかりしつつ「先生はこの問題には今まで役に立つアドバイスを下さったことがないんですよね」と言うと、先生は「そうですね」と役に立たない返事をした。
ふう。

睡眠検査を受けたという話をしたときのこと。
「電気を消したくないと言っているのに、そうすると正しく検査できないからと言われて消されちゃったんです」と言うと、先生は「それはXX効果(?)のせいですね!光が入ると正しく検査できないんですよ。XX効果、学校でやったでしょ? 覚えてる?」
・・・覚えてません。
というか、そこ、ポイントじゃないですから。私は睡眠障害の話がしたいんですよ! 検査の基準の理由なんて別に興味ないです!

この先生、お医者さんなんだから頭はいいはず。
だけどどうもズレていることが多すぎるぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。「発達障害のわたしのこころの声」(学研)の著者です。
本には書けなかったこと、本を出してからの日々を綴っています。
会社員と一人暮らしが出来ていているのに、発達障害は確かなようです(診断済み)。



発達障害のわたしのこころの声 (ヒューマンケアブックス)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
広告


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR