FC2ブログ

出来ないことと逃げることと

今働いている会社は小さなところで、私の部門は私の他には部下が二人いるだけだ。
・・・なのにそのたった2人の仲が悪い。
席替えで隣同士の席にしたのが悪かったか。
そうはいってもいい大人同士だし、うまくやっていってもらわないと困るし、まあ任せてみよう。
そう思ったというのは嘘で、本当は私は関わりたくなかったので見て見ぬふりをしていた。
そうしたらだんだん険悪になってきてしまったので、しょうがなく今日何度か声をかけ、最後は週明けの面談を約束して帰宅した。

しんどい。

私は本当にマネジメントが嫌いだ。部下を管理とか、もう勘弁してほしい。
そりゃ一人で出来ることに限りはあるし、苦手分野をサポートしてくれる人はありがたいから、部下の有難みというのは重々認識している。でも、それをマネジメントしろと言われれば、めんどくささと逃げが先に立つ。

でもなー。この年齢でこれぐらいの給料もらっていれば、マネジメントも仕事のうちだよなー。
そう思ってしぶしぶやっている。

やっているのだけれど、いつもこれは「私には出来ないのにやるふりをして自分にも周囲にもかえって迷惑」なのか、「出来ないと思っているのは自分の甘えでやっていく中で上達する」ものなのか、分からない。
やっても無駄ならギブアップした方がいいし、でも世の中の人部下のマネジメントが好きなんていう人はそういないだろうと思うと自分の言っていることはただの好き嫌いでわがままのようにも思える。

あぁ……。お願いだから仲良く、とまでは言わないから、普通にやっていってよ……
こういうの、本当にしんどい。

ただの愚痴です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。「発達障害のわたしのこころの声」(学研)の著者です。
本には書けなかったこと、本を出してからの日々を綴っています。
会社員と一人暮らしが出来ていているのに、発達障害は確かなようです(診断済み)。



発達障害のわたしのこころの声 (ヒューマンケアブックス)

最新記事
広告
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
広告


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR