FC2ブログ

薬のメリットデメリット

どうやら私の怒りはアンガーマネジメントぐらいではコントロールできないようだ。
といっても社会生活をする上で、怒って他人との人間関係を悪くすることは致命的になりうる。
となると、現実的な手段は、やはり薬か?

確かに、リスパダールやデパスで私は落ち着ける。あらかじめ飲んでいれば感情は動きにくくなる。
今の比較的控えめな服薬量でそうなのだから、たぶん例えば量を3倍とか5倍とかに増やして(リスパダールは理論上は現状の24倍まで増やせるはず)、それでも怒りがこみ上げてきたときは頓服でさらに追加すれば、怒りを表面に出さず、言動に出さずに過ごせるのではないだろうか。
自分でコントロールできないなら、そうするしかないんじゃないか。それで楽になるなら、それもありなんじゃないか。

そう思うのだけれど……。
私の中には、なんと表現したらいいのだろう、いわば「シャープな部分」もある。切れ味の良さ、瞬発的なダッシュ力、行動力、決断力、思い切りの良さ、分析の鋭さ、理解の早さ、切り返しの鋭さ……。
こういう部分は、感情のコントロールの下手さの根幹である衝動性や抑制力の弱さとかなり密接に関係しているのではないだろうか。表裏一体というのか。
例えばカっとする衝動性は、思い立った瞬間行動に移せる行動力にもなっているのではないか。

薬が悪い部分だけを抑えてくれるということはないだろう。
感情的な部分を無理やり抑え込むことによって、それは同時に私の強みも抑え込んでしまうのではないだろうか。
そう思うと、自分の強みを手放すのも怖い。

そして、自分に手放したくないと思うような強みがあるんだと思うと、意外な気もする。
子どもの頃から私の中には自己否定感と自己肯定感が混在しているのだけれど、ここしばらくは自己否定モードに傾きがちだ。でも、それでもまだ、自分の中に手放したくない部分を持っているんだな。
そう考えると、部分的にであれ自分を肯定してあげられていることにほっとする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。「発達障害のわたしのこころの声」(学研)の著者です。
本には書けなかったこと、本を出してからの日々を綴っています。
会社員と一人暮らしが出来ていているのに、発達障害は確かなようです(診断済み)。



発達障害のわたしのこころの声 (ヒューマンケアブックス)

最新記事
広告
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
広告


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR