FC2ブログ

私のための個室ではなかったけど

聴覚過敏と言ったら私に個室まで作ってくれるという話になったのでびっくりしていた。

どうやら、こういうことだったらしい。
元々、オフィスのレイアウト変更の話があった。そしてその時に部門職以上には、ちゃんと個室を与えようという話になっていた。そして私も名ばかりとは言え部門長なので個室がもらえる対象に入っていた。
だから個室は障害とは関係なかったし、私だけ特別ということでもなかった、もちろん私だけ特別待遇だとどうして?ということになるので、みんなの方が目立たなくて有難い。

ただ、聴覚過敏の話をしたおかげで席替えとテレビのシャットアウトはすぐに進めてもらえることになった。この個室に向けたレイアウト変更は秋の計画だそうだけど、私はそれまで静かなコーナーに移動できることになった。良かった。

「良かった〜ありがとう」と言ったら、「やっと笑ったね!」と言われた。オフィス環境の話を私は随分と切羽詰まった顔でしていたようだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。「発達障害のわたしのこころの声」(学研)の著者です。
本には書けなかったこと、本を出してからの日々を綴っています。
会社員と一人暮らしが出来ていているのに、発達障害は確かなようです(診断済み)。



発達障害のわたしのこころの声 (ヒューマンケアブックス)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
広告


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR