手帳のはがきが届いた!

ついこの前問い合わせたときには5月半ば過ぎと言われたのだけれど、今日郵便受けを覗いたら、手帳交付の連絡はがきが届いていた。

「あなたの手帳の引き渡し予定日は平成30年5月〇日以降です。
引き渡しは、保健所で行います。
なお、引き渡しの際は、このハガキ(又は申請書の控え)とハンコをお持ちください。」

簡単な文面だけど、「手帳の引き渡し日」となっているということは手帳は交付されるということだ。
(まさかこれで出向いたら却下の連絡ということはないはず)
しかし、役所からの通知で「ハンコ」というのも珍しい。普通、「印鑑」とか書かないかな。
それに手帳も単に「手帳」と書くのね。

精神障害者保健福祉手帳の交付を喜ぶというのもなんかアレな気はするのに、「良かった~交付される~」と思っているこの感覚は何だろう。
ま、ほっとしたからいいか!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

無事認定されて良かったですね。
おめでとうございます。

(この「良かった」という感覚はいったい
なんでしょうね。)

SSさん、こんにちは。
ねえ。おめでとうございますとかありがとうございますとか変な気がしますけど、ホッとするこの感覚は何なんでしょう。
障害者と認定されてホッとする。自分でもよくわかりません。
プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。「発達障害のわたしのこころの声」(学研)の著者です。
本には書けなかったこと、本を出してからの日々を綴っています。
会社員と一人暮らしが出来ていているのに、発達障害は確かなようです(診断済み)。



発達障害のわたしのこころの声 (ヒューマンケアブックス)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
広告


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR