FC2ブログ

英語の表現まで直される

ビジネス英語のレッスンは真面目に続けている。やはり数学と違って分かるのは良い。褒められるのは嬉しい。

英作文の宿題が出るのだけれど、複雑な文章ではBやCを取ることもあるが、大体はAをもらっている。
今回の課題に、次のような和文の英訳があった。
「私の説明がよく理解できなかったようですね」
私は素直に訳した。
It seems that you didn't understand my explanation well.

単純な文章だ。
ところが、今日採点されて戻ってきたこの文章、なんとCがついている。
え? どうして? 何か間違ってる?
と思って先生のコメントを読んでみると…。

「英文の正確さとしてはAです。ですが、こういう場合に”相手が理解できなかった”では相手にきつく響きます。"It seems that my explanation was not clear"として、私の説明が明確ではなかったと謙遜するのがビジネスを円滑に進めるコツです。」

お、おう。
ごもっともでございます。

しかし普段は原文に忠実に訳してあればそれでよしとされることが多いのに、「謙遜」「ビジネスを円滑に進めるコツ」まで言われて、しかもそれで減点とは。
よほど私の表現は直球に過ぎたのだろうか。

英語の授業でまで、英語ではなくモノの言い方を習ってる私って。
なんかちょっと、ハズカシイ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。「発達障害のわたしのこころの声」(学研)の著者です。
本には書けなかったこと、本を出してからの日々を綴っています。
会社員と一人暮らしが出来ていているのに、発達障害は確かなようです(診断済み)。



発達障害のわたしのこころの声 (ヒューマンケアブックス)

最新記事
広告
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
広告


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR