FC2ブログ

苦手なことを克服する方法

忙しいので部下を採用することにして、先月から採用活動をしていた。今の会社は知名度もないし安定もしていないし、そうそう優秀な人材が押し寄せてくるような会社ではない。その中でおそらく数十件の履歴書を見て、15人ぐらいは面接をして、その中から選んだ人を上司に紹介した。

上司、絶賛。
「あゆみ~ 見る目あるわ! いい人ね!」
普段辛口の上司なのだけれど、ずいぶん気に入ったようだった。

その他、面接した人達も「いい人選んだね」「見る目ありますね」と言ってくれた。

実は私は人を見る目はない。面接は騙される方だ。
そりゃそうだ、人の言葉の裏は読めないし、顔色や表情は分からない。言ったことを額面通り取るとすれば、そりゃ面接来る人なんて表面的にはいいことしか言わないもんね。

そんな私が面接の達人……とまでは言わないにしろ、採用で外さないのにはコツがある。
それは「人を見る目がある人に一緒に面接に出てもらう」だ。

今回も、「あ、この人、人を見る目がありそうだな」と思った人に一緒に面接に出てもらっていた。
面接後の印象は私は今一つに思ったのだけれど、その人が推すので、まあこの人がそういうならとキープしておいたのだ。それでその後他に候補がいなくて人事に回したらそこでも高評価だったので、それならと思ったというわけだ。

自分に見る目がなかったら、見る目がある人の言うことを信じる。見る目がある人に頼めるだけの関係を作っておく。
これでいいんじゃないか。

私はペーパードライバーだけれど、一度だけ中古車を買ったことがある。この時は車に詳しくて中古車の売買も何度もしているという人に一緒に来てもらった。私はまったく分からなかったけれど、その人が「これはいい車。お買い得」と言うので、その人がそう言うならと信じて買った。
非常に良い車だった。

一度、ちょっと記念にいい腕時計を買おうと思ったことがあるが、私はそういうセンスがないので、センスのいい母に一緒に買い物につきあってもらった。その時買った腕時計は今でも人に「それ、いいね」と褒められる。

なんかもう、それでいいと思う。
今から私が人を見る目や車を査定する能力やセンスの良さを磨こうとしても無理だ。そんなことを自分でやろうとして失敗するより、他人頼みで切り抜けられるならそれに越したことはない。

その代わり、私はそういうことが出来る人達を信用して、その判断を尊重する。そして決定の責任は自分で取る。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。「発達障害のわたしのこころの声」(学研)の著者です。
本には書けなかったこと、本を出してからの日々を綴っています。
会社員と一人暮らしが出来ていているのに、発達障害は確かなようです(診断済み)。



発達障害のわたしのこころの声 (ヒューマンケアブックス)

最新記事
広告
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
広告


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR