FC2ブログ

依存が嫌なわけ

私は人に依存するのが嫌いで、子どもの頃親に生活を依存していたのはともかくとして、大人になってから依存したことはないと思う。親にも、結婚していた当時も、友人たちにも。
それがこの数年、お医者さんと臨床心理士には依存している気がする。というか、している。
何かあったときに頼る先がある…というのは、救いになるはずだ。実際、お医者さんに「本当にダメなときは電話してきてください」と言ってもらって、最後のセーフティネットみたいにその言葉を握りしめてウツ状態を我慢していることなんかもある。
本当に苦しかったときに本来の取り決め外の無理やりカウンセリングを申し込んで臨床心理士に助けてもらったこともある。

でも、それなのに、すごく嫌だ。
お医者さんや臨床心理士が嫌なわけではなく、依存が嫌だ。

なんで?と思って考えてみた。

もしかして、私にも見捨てられ不安があるのだろうか?
依存してしまってから見捨てられたら、堪えるだろう。それが怖いような気がする。
臨床心理士の勤務先が一度組織変更というか、ちょっと状況が変わるという話を聞いたとき、「もうこの臨床心理士にカウンセリングしてもらえなくなったらどうしよう」と思うと不安になり、ちょうどしんどい時期だったこともあいまって、本当に調子を崩した。
お医者さんにも時々、「先生、このクリニックやめませんよね?」と尋ねたくなることがある。(ちなみに尋ねない理由は、もしやめると言われた場合のショックが怖いからだ。)

お医者さんは私より年上なので、お医者さんに定年はないとはいえ、普通に考えれば先生が引退するほうが私が精神科医を必要としなくなるより先だろう。単純に寿命で考えても。
臨床心理士は同年代だけれど、臨床心理士というのはなんとなくお医者さんよりもふいっとやめてしまいそうな不安がある。

そしてお医者さんや臨床心理士というのはあくまで職業上の関係だから・・・
友達と違って、一時的に縁遠くなってもまた復活するとかはなさそうだ。職業的に引退したらもうそれっきりだろう。

こんなことを考えると、不安で心配で怖くてたまらなくなる。
まったくもう、受診やカウンセリングで安心させてもらっているんだかかえってそのたびに不安になるんだか、プラマイで考えたらどっちが多いかわかりゃしない。

だから依存は嫌なんだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。「発達障害のわたしのこころの声」(学研)の著者です。
本には書けなかったこと、本を出してからの日々を綴っています。
会社員と一人暮らしが出来ていているのに、発達障害は確かなようです(診断済み)。



発達障害のわたしのこころの声 (ヒューマンケアブックス)

最新記事
広告
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
広告


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR