FC2ブログ

「何で出来るの」って思ってくれればいいのに

カウンセリングで、習い事の数学は結局駄目だったけれど、英語に切り替えたら途端に分かって出来て褒められて楽しいという話をした。
「でも何で数学はこんなにも出来ないのかって嫌になります」と言った。
子どもの頃からそう言われ続けてきた。何でできないの、あんたはやれば出来るのよ。それなのにやらないから出来ないんでしょ。苦手なものこそ努力しないと。
そういわれて、自分でもそう思ってきた。

でも、出来ないものは出来なかった。

「何で出来ないのって、しんどい言葉ですよね」と言った。
すると、カウンセラーが面白いことを言った。
「ですよね。出来ないところを標準にして、得意な部分を『なんで出来るの』とは思ってもらえないんですよね」

おー。それは私も考えたことがなかった。
でもそうだ。そっちの発想があっても良い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。「発達障害のわたしのこころの声」(学研)の著者です。
本には書けなかったこと、本を出してからの日々を綴っています。
会社員と一人暮らしが出来ていているのに、発達障害は確かなようです(診断済み)。



発達障害のわたしのこころの声 (ヒューマンケアブックス)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
広告


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR