FC2ブログ

自立支援を勧められて迷う

障害者手帳の申請に行ってきた。
係員の人はすごく親切で、「たぶん、本人が申請するというのはぎりぎりの人を相手にしているんだろうな……」という感じだった。
大体、身分確認用に写真を持っていく機会というのはいろいろあると思うが、切ってもいない写真の4枚プリントをそのまま持っていったのに「ハサミをお借りできますか」という間もなく、「あ、じゃあ写真1枚切らせていただきますね」と係員の人が切ってくれたのだけれど、こんなの初めてだよ。
まさか、「(精神障害者に)ハサミを持たせると危険なので避けること」なんていうマニュアルがあるわけじゃないでしょうね。

ま、それはともかくとして。
自立支援を勧められた。
自立支援には課税所得証明が必要で、これが面倒なので私はいいと思っていた。
そう言うと、「でも通院なさっているんですよね。3割と1割でずいぶん違いますよ」と言う。それに「同時申請だと診断書代も余計にかからないのでお得ですよ」と。
ちょっと迷ったけれど、でもやっぱり課税所得証明書取りに行くのが面倒なのでいいですと断ると、ですよ」と。「じゃあ、7月以降に申請にすれば、この区役所で課税所得証明書も取れますし、自立支援用の課税所得証明書は発行手数料も無料ですから」と言うので、そこまで言うなら……と、「それでしたら7月に申請ということで考えてみます」と申請書だけもらってきた。
生活保護なんかは水際作戦(申請させない)なんていう話も聞くけれど、自立支援は保険の外交員並みの押しの強さだった。

だけど、なぜ私は自立支援の申請をためらうのだろう。もう手帳を申請するのだから、何が違うのだろう。
私の通院ペースは月1回程度で、自己負担は診察とお薬と合わせて3000円といったところか。つまりこれが1割負担になれば、2000円ぐらい違う。
大きい額とまではいえないにしろ、お金はあって困るものではない。とりあえず帰りに定食屋さんに寄ってビールの1,2杯を呑む分ぐらいにはなる。

なのに、「手帳の申請はいいけど、自立支援は嫌」と思う自分がいる。
私にとって、手帳と自立支援の境目は何なのだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ドクターの診断書の有効期間は3か月だったと思いますが。7月だとだいじょうぶですか。

No title

「また別途診断書作っていただかないといけませんか」と尋ねたら、「手帳が交付された後ならその分で大丈夫ですよ」と言われました。時差のある同時申請(?)みたいな感じで、今回の診断書だけでいいそうです。診断書も安くないですからね。

No title

わかります・・。仕事して、お給料もらっているのに、国から援助をもらうことにためらいます。私も自立支援はかなり悩みました。

でも、せっかくの国からの支援・・甘えさせていただいてもいいと思います。その代わり、周りからの税金で、私の医療代が安くなるんだと、周りからお金をいただいているという気持ちを日頃から持つようにしていたり、私は1割の医療費、残りの2割も別に集めていて、後輩との飲みで、奢ってあげたり、そういうお金に使っています!

Re: No title

そうですよね。そうやってうまく使えば、それはそれでお金も生かせるかもしれないです。
自立支援て言葉が引っかかっているのかも。自立してるのに支援されていいの?みたいな。
急いで決めないといけないわけでもないので、納得したら申請しようと思ってます。
プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。「発達障害のわたしのこころの声」(学研)の著者です。
本には書けなかったこと、本を出してからの日々を綴っています。
会社員と一人暮らしが出来ていているのに、発達障害は確かなようです(診断済み)。



発達障害のわたしのこころの声 (ヒューマンケアブックス)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
広告


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR