FC2ブログ

診断書その他

診断書の症状欄に、「知能、記憶、学習及び注意の障害」という欄があり、ここに〇がついていた。

こういっては何だが、私は(数学以外は!)それなりに成績は良かった。
知能の障害のところに〇がつくって……それなりにショックだ。
ちなみに「学習の困難」に〇がついていて、この歳になっても暗記は強い自分的には「そんなはずないんですが」という感じ。
(まあ、学習=暗記、と考えているところがすでに問題かもしれないけれど)
が、よく見てみると、この学習の困難の内容は「その他(相貌認知)」となっていた。
つまり、人の顔が見分けられない、覚えられないというのは、学習の障害なんですね。

そして、現在の生活環境というものもある。
これは「自発的に/適切に出来る」「自発的に/適切に出来るが援助が必要」「援助があればできる」「できない」の段階がある。
私は「自発的に/適切に出来るが援助が必要」「援助があればできる」にいくつか〇がついているのだけれど、単身で、福祉サービスも受けてなくて、援助があれば出来るってどういうことよ。援助のない生活を送っている私は出来ていないということですか。
(先生、身辺の清潔保持に援助があれば出来ると書いてあったのがやや気になってます! 身辺の清潔保持を誰が援助してくれるっていうんですか! できてないですか! 診察室で臭ってたりします???)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

発達障害のわたしのこころの声、読ませていただきました。とても参考になりました。ところで、診断書に記載されていることですが、仕事もできて。一人暮らしも問題なくできているので、そのまま書くと申請がとおらないので、ドクターがとおるようにおおげさに書いているのだと思いますよ。

No title

こんにちは。
本を読んでいただいてありがとうございます。

先生が大げさに書いたというだけならいいのですが…。何も身辺の清潔保持が出来てないみたいなこと書かなくったってorz
そうはいっても女性に対して、ちょっと先生気づかいがないですよ…。
でも障害者手帳はお医者さんの診断書次第なようなので、書いてもらえて良かったです。
本の続編執筆依頼は全く来ませんが、いつか2冊目を書くことがあったら手帳体験記も載せたいと思います!
プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。「発達障害のわたしのこころの声」(学研)の著者です。
本には書けなかったこと、本を出してからの日々を綴っています。
会社員と一人暮らしが出来ていているのに、発達障害は確かなようです(診断済み)。



発達障害のわたしのこころの声 (ヒューマンケアブックス)

最新記事
広告
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
広告


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR