手帳を申請する理由?

先生に「手帳? 今更どうして?」と言われたことをきっかけに、確かに一体どうして今頃、と自分でも思った。

もちろん手帳を取れば経済的メリットがある。
交通費等もそうだけれど、税金が安くなるのは大きい。
だからそれは一つの理由なのは間違いない。

でも、そんなのは数年前に診断を受けたときから分かっていたのに。
(まあ当時はもう少し発達障害の手帳は難しかったようで、先生に断られたこともあるのだが)

今改めて手帳を取ろうと思った理由を考えてみると、別に会社の法定雇用率が問題ではない気がする。

ここ何年か、プライベートで非常に苦労した。
私はたぶん、それを障害のせいにしたいのかもしれない。
私のせいではなくて、障害のせいだと。私の努力が足りなかったのではなくて、どれほど努力しても叶わなかったのだと。
よく、発達障害を診断されてほっとする人がいると聞くが、私も手帳にそれを求めているのかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。「発達障害のわたしのこころの声」(学研)の著者です。
本には書けなかったこと、本を出してからの日々を綴っています。
会社員と一人暮らしが出来ていているのに、発達障害は確かなようです(診断済み)。



発達障害のわたしのこころの声 (ヒューマンケアブックス)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
広告


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR