FC2ブログ

今時こんなお医者さんが……

時々、人と話していて聞こえにくいなと漠然と感じることがあった。
今の仕事は英語が多いので、日本語では推測で補えることも英語だと(もともと相当部分を推測で補っているので)聞こえが悪くなるのは非常に困る。
健診に行った際の聴力検査で「右の低い音がよく聞こえてませんね」と言われた。
左はぎりぎり正常の下限だそうだ。

で、耳鼻科に行ってきた。
適当に家から一番近いところを選んでいってきたのだけれど、すごかった。
都内一等地の大通り沿い。ビルに立派な看板が出ている。
なのに、入り口を見ると「これが入り口?」と迷うような入り口だった。なんというか、場末の焼き鳥屋の裏口みたいというのだろうか。
ためらいながら開けてみると、その場が即受付。
そしてその受付の人と50cmぐらいのところにお医者さんが座っている。
うーん、なんというのか、16平米ぐらいの築40年ぐらいのワンルームマンションを想像してほしい・・・
そこに、待合室というか待つスペースと受付と診察室というか診察スペースがぐちゃっと入っている。待合スペースの椅子も何十年使ってるんだというような骨とう品。
間違ったとこきちゃったなーと思いながら、しょうがないので受付をして呼ばれるのを待ち、診察になった。
ま、耳鼻科なのでプライバシーは必要ないのかもしれないけど、そんな状況なのでもちろん他人の診察は丸見え丸聞こえ。

「健診で右耳の低い音が聞こえてないと言われたので」と言うと、お医者さんは「え? 何?」と。
この医者の方が私より絶対聞こえてないと思いながら、声を大きくして繰り返す。
「ああ、そう。じゃあ音の検査するからね」とぞんざいな口調とぞんざいなてつきで両耳聴力検査と加圧検査をする。

医者「鼻水出ない?」
私「出ません」
医者「鼻水出ないの?」
私「出ません!」
医者「めまいは?」
私「ありません」
医者「めまいしないの?」
私「しません!」
いらつく。頭悪いんじゃないの、このお医者さん。

私としては、年齢的なものかな、しょうがないのかな、年齢的なものだとすると治療は難しいのかもしれないし、でも補聴器も嫌だなあと思っていた。
診断は中耳炎。
は?

加齢だと治療方法がないから? 中耳炎てことで診察通わせて患者確保しようとしてる?
疑った私は「年齢のせいならしょうがないかなとも思ってたんですけど」と言ってみた。
すると。
「今、5種類の音の検査したんだけど、完全に聞こえてるのは2種類だけ。右は確かに低い音が聞こえてないけれど、左も少し高い音が聞きにくくなっていて、聞こえている範囲が左右違ってる。加齢の場合は高い音から聞こえにくくなっていくから、加齢の影響というなら左の方が可能性がある。右は低い音が聞こえてないから、これは中耳炎の可能性が高い」

おお。そうなのか。あの乱暴なてつきとぞんざいな対応で、一応そういうことを判断していたのか。
そして「加齢の場合は高い音から」も、確かにそんなことを聞いたことがある。納得のいく説明だ。

「じゃ、XXとXXという薬を出しておくから」と言われて、その場でお医者さんが机の引き出しから何種類かのお薬を取り出して適当に(?)数えて「2週間分出しておくからね」と言って受付に回す。
最近院内処方はあまり見なくなったけれど、この院内処方はすごすぎるぞ。お薬のこんな乱暴な取り扱いみたことないぞ。

というわけで、一応本物のお医者さんではあるような気はするのだけれど、引き続き受診するかどうかは悩ましいところだ。
まあ、2週間お薬を飲んでみてから考えよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。「発達障害のわたしのこころの声」(学研)の著者です。
本には書けなかったこと、本を出してからの日々を綴っています。
会社員と一人暮らしが出来ていているのに、発達障害は確かなようです(診断済み)。



発達障害のわたしのこころの声 (ヒューマンケアブックス)

最新記事
広告
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
広告


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR