FC2ブログ

転職の基準

私は今回転職の際に要素として考えたのは「お給料アップ」と「(自分が興味を持てる)業種」ということだった。
これは満たしたところとご縁があったので転職した。
とはいえ、世の中そんなに美味しい話があるわけはない。
お給料がアップした分、労働時間は長いし、休みなんて取れないし、雇用の保証もないし、会社の格も下げている。
業種は興味が持てるけれど、業態としては微妙なビジネスだ。
歩ける通勤だったのに、電車通勤に逆戻り。
さらにいえば、目先のお給料は増えたけれど、これで退職金も確定拠出年金もなくなったので、生涯賃金という意味でいえばもしかすれば損かもしれない。
でも、自分が重視する要素を絞っていて、そしてそれが満たされているのでこれはしょうがないと思っている。

前職にいたAさんも最近転職したのだけれど、彼の転職の際に重視したことは「お給料アップ」と「チャレンジ」だった。
そしてAさんもこれを満たす転職をした。
しかし、同様に美味しいばかりの話なんてない。Aさんの転職先も会社としては吹けば飛ぶような会社で、休みなんて取れないようだ。当然退職金等もなさそうだ。
しかしAさんも同様に、「お給料が上がるからいいんです」といってにこにこしていた。

翻ってやはり前職の知り合いで転職活動をしている人がいる。
この人から転職の相談を受けたことがあるのだけれど、話を聞いてみると、お給料はアップか少なくとも現職維持、転職先の会社は新しいことをやらせてくれて自分の勉強にも理解があってでもきちんと組織が出来てていろいろ学べるところがいい、不人気な業界は嫌、経験のない仕事もしたい、新しい分野に挑戦したい、でも自分の専門性も買ってほしい、人間関係良さそうなところがいい、家から近いところがいい、休みは必要、やっぱりベンチャー企業とかも面白そうかな、自分が好きな商品作ってるところもいいな……と、話に一貫性がない。
もう少し自分の希望を絞ってから探したら?と言ってみると、「あゆみは合理的すぎる。普通そんなに割り切れない」と言われた。

うーん、そんなもんかねえ…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。「発達障害のわたしのこころの声」(学研)の著者です。
本には書けなかったこと、本を出してからの日々を綴っています。
会社員と一人暮らしが出来ていているのに、発達障害は確かなようです(診断済み)。



発達障害のわたしのこころの声 (ヒューマンケアブックス)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
広告


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR