FC2ブログ

机上の空論

いつもの先生のところで睡眠薬をもらってきた。
不調で落ち込む日が多いんです、どうしたらいいでしょう、と尋ねると先生にどんな感じになるの?と言われ、ベッドに転がったっきり動けなくなりますと答えた。
すると先生は「そういうときはね、体動かすといいですよ。特に単純な考えないでいい有酸素運動」と言う。
ま、単純で考えない有酸素運動ならジムでのジョギングか。

「あのうですね、先生。私、調子悪いとベッドの上から動けませんていうお話をしているんです。その状況で、シューズやウェアを抱えてジムに出かけていくことが現実的だと本当にお考えですか?」と尋ねてみた。
先生は苦笑しながら「まあ、難しいですよね」と答えた。

難しいと分かってること提案するなー!!
この先生、時々やる気のないとんちんかんなこと言うんだよね。

しかし真面目な私は考えた。
確かに体を動かすことはいい。最近運動不足で体重も増え気味だし。運動はしたい。
だけど、今の自分にジムに通い続けられる根性はない。落ち込んでいるときにわざわざジムに行けるとは到底思えない。ジムって結構面倒だ。自宅近くのジムはレンタルがないので平日は一度家に帰ってからしかいかれないし、かといってレンタルのあるジムだと電車なので運動後にシャワー浴びた後にまた化粧しなおすのとかがね(←私にとってその面倒ポイントは運動そのものより高い)
そうだ、「落ち込む前」に運動しよう。
根性なしでも出来る運動といえば、必要に迫られての運動が良い。といえば会社員の場合は通勤だ。
というわけで、「根性なし」「通勤時の運動」が両立しそうなものとして、電動アシスト自転車の購入を検討中だ。

ちなみに「まあ難しいですよね」と苦笑した先生は「ストレッチでもいいんだけどなあ。それなら家でも出来るでしょ。軽く汗ばむぐらい」と言った。
家で汗ばむぐらいのストレッチって、かなりの運動習慣がある人でないと出来ませんよ、先生。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。「発達障害のわたしのこころの声」(学研)の著者です。
本には書けなかったこと、本を出してからの日々を綴っています。
会社員と一人暮らしが出来ていているのに、発達障害は確かなようです(診断済み)。



発達障害のわたしのこころの声 (ヒューマンケアブックス)

最新記事
広告
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
広告


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR