依存でもいいか

電車に飛び込みそうになって、これはまずいと思った。

何か月か前に通院とお薬をやめた一番の理由は、依存したくないということだった。
苦しいときには先生に助けてもらえる。つらいときにはお薬で楽になれる。
こういう考え方になる自分が嫌だった。お医者さんにもお薬にも依存したくない。

当時飲んでいたイフェクサーは効く感じはあったのだけど、ぷっつりとやめた。先生は「本当は一気にはやめない方がいいんだけど」とは言いつつも絶対ダメという感じではなかったので、多少の離脱症状には目をつぶって止めた。
通院も、もう先生に依存するのはやめようと思います、自分で頑張っていこうと思います、と大宣言(?)をしてやめた。

それなのに、こんな短期間で助けてもらおうなんて、かっこわるい。かっこわるすぎる。先生にも自分にも恥ずかしい。

しかし、電車に飛び込んでしまうよりは恥ずかしい方がマシだ。
そう思って予約の電話を入れると、予約が取れたのが1か月後……。
しょうがなく、「当日予約OK」というところを探し、会社近くのメンタルクリニックに飛び込みで行ってきた。
「すみません、そういうわけで、転院を考えているわけではないんですけど」と話したが、そこのお医者さんは気にするふうにもなく「つなぎでいいんですね。全然かまいませんよ」と言って、そしてつなぎという役割通りというのか、ほぼ何の事情も聞かずに私の希望通りのお薬を処方してくれた。
ちょっといいのかこれでという気もするけど、ありがたい。

しかしこのメンタルクリニックの先生、普段の通院先の先生とはかなりタイプが違うと思うのだけれど、話し方はすごく共通していた。精神科医というのはやはり話し方のトレーニングというのを受けるのだろうか。

ただ、慣れたお薬だと思ったのに、意外と副作用がきつい。うーん、具合が悪いのが副作用なんだか症状なんだか分からないという服薬中の負のスパイラルに入りませんように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。「発達障害のわたしのこころの声」(学研)の著者です。
本には書けなかったこと、本を出してからの日々を綴っています。
会社員と一人暮らしが出来ていているのに、発達障害は確かなようです(診断済み)。



発達障害のわたしのこころの声 (ヒューマンケアブックス)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
広告


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR