アンガーマネジメントは必要か

今、怒っている。
そんな話をすると、「もう忘れた方がいいよ」「ネガティブなことに精神力使うのは良くない」「自分が疲れちゃうよ」「前に進もう」と言われる。

この前、久しぶりに会う友人と話をしたときのことだ。
彼女が、彼女自身とてもショッキングな経験をしたときに感じたのは悲しさとか絶望感とか心配とかではなく、怒りだったのだという。
「怒ったおかげで、あの時期を乗り越えられたんです」と言っていた。

怒りはエネルギーだ。
確かにネガティブなエネルギーかもしれないけれど、エネルギーが枯渇してしまっているよりは、エネルギーがあるだけいいんじゃないか。
怒りをエネルギーに生活ができているなら、それでもいいんじゃないか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。
子供の頃から対人関係が苦手、就職後も職を転々。40代に入り上司のパワハラに参ってしまったのをきっかけに精神科の門を叩き、発達障害と適応障害を診断されました。
もはや40代、会社勤めも一応は出来てる、今更発達障害と言われても……と思いつつ、この先の人生が少しでも楽に過ごせるように日々苦戦しながらいろいろ考えてます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR