アンガーマネジメントは必要か

今、怒っている。
そんな話をすると、「もう忘れた方がいいよ」「ネガティブなことに精神力使うのは良くない」「自分が疲れちゃうよ」「前に進もう」と言われる。

この前、久しぶりに会う友人と話をしたときのことだ。
彼女が、彼女自身とてもショッキングな経験をしたときに感じたのは悲しさとか絶望感とか心配とかではなく、怒りだったのだという。
「怒ったおかげで、あの時期を乗り越えられたんです」と言っていた。

怒りはエネルギーだ。
確かにネガティブなエネルギーかもしれないけれど、エネルギーが枯渇してしまっているよりは、エネルギーがあるだけいいんじゃないか。
怒りをエネルギーに生活ができているなら、それでもいいんじゃないか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。「発達障害のわたしのこころの声」(学研)の著者です。
本には書けなかったこと、本を出してからの日々を綴っています。
会社員と一人暮らしが出来ていているのに、発達障害は確かなようです(診断済み)。



発達障害のわたしのこころの声 (ヒューマンケアブックス)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
広告


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR