医療不信

ここ数日、連日お腹が痛い。ブスコバン(胃痛腹痛止め)を飲むととりあえずおさまるが、また痛くなる。
私は頭痛もちな分というのかその分腹痛知らずで、子供のころからお腹系のトラブルはほとんどない。このブスコバンというお薬も、数か月前に処方されたのが初めてだ(それまでお薬を必要とするほどの胃痛を経験したことがない)。
検診もいまだかって何もひっかかったことがないし、こんな腹痛続きの日々は覚えがない。
ま、ストレスだろう。次回、メンタルクリニックに行ったときにブスコバン追加もらっておこう。
ぐらいに思っていた。

食事の後に痛くなることが多かったので食事が怖くなり、昨日はお昼ご飯を軽めにしてみたがそれでも痛くなってブスコバンを飲んだ。それで夜ご飯は食べるのが怖く、仕事が忙しかったこともあって食べないまま残業をしていた。
すると、食べた後より痛くなった。痛い。猛烈に痛い。
ブスコバンを飲んでみたが、効かない。
30分後、我慢できずに追加で飲んでみた(つまり上限の倍)が、痛い。
この段階で、メンタルクリニックの先生に助けを求めようと思ったが、診療時間を過ぎていたので、携帯の方にメールした。
痛い。電話も来ない。
さらに1時間後、どうしても我慢できずにさらに追加でブスコバンを飲んだ(つまり上限の3倍)。
その後やっと1時間ぐらいで少し楽になってきたので、再度メンタルクリニックの先生に今度は携帯に電話したが、つながらなかった(着信履歴は残っているはず)。
結局、折り返しの電話はもらえなかった。
今朝、会社近くのクリニックに朝一で行って来た。
「お腹が痛くて……ブスコバンでごまかしてたんですけど、昨日はおさまらなくて6錠飲みました」と状況を話し、「じゃあ診察台に横になってください」ということで、触診おそらく2分ほど。結構丁寧に場所を特定し、押す場合とたたく場合の比較やら、押した場合と離した場合のどちらの方が痛いかやら、いろいろ聞かれた。
そして、内科の先生は、「うーん。検査しましょう。まず、採血ですね。それから、エコー(超音波)取りましょう。あと腹部のレントゲンも」
と真剣な顔で私に言った。

検査を受けながら震え上がった。
単にストレスだと思っていたけれど、一体どうなってしまっているんだろう。
健診は異常なかったとはいえ、あんなのもう数か月も前のことだ。体の中で何が生じているんだろう……。

結果はすぐに出た。
先生の判断は「便秘ですかね。痛い場所的にも胃というより腸ですしね」

えー。
私、数か月前に人生で初めてブスコバンを処方されたときはお腹が痛いといってこの内科を受診し、同じ場所の痛みを訴え、胃だと言われていたんですが。

そして、「とりあえず痛み止めがほしいんですが」という私に、「それは便秘を解消してみてから考えましょう」

いや! 今、痛いんですが。そして会社に戻らないといけないんですが!
しがない会社員、腹痛ぐらいで下剤飲んで家で寝ているわけにはいかないんです。
でも「ブスコバンは腸の働き止めちゃうのでよくないんですよ」と先生は言う。

そして便秘が原因と主張する上にブスコバンの処方もしてくれず、余計な検査ばかりしたお会計は3割負担のお薬代別で5,300円也。なぜか膵臓や脾臓や盲腸や卵巣まで検査されておりました。まあ異常なかったのはありがたかったんですけどね。
さっさと痛み止めだけ処方してくれればこの3分の1ぐらいのお金と時間で済んだはずなのに。

お昼休みに再度メンタルクリニックの先生に電話すると今度はつながった。
内科でダメだったのに精神科の先生にそれでも電話したのは理由がある。
このメンタルクリニック、心療内科もやっているので、「心の問題やストレスが原因で身体の痛みや吐き気、動悸などの症状が出ている場合の治療」というのも診療対象にしているのだ。私はまさにこれのはず。

先生に状況を説明すると、先生は「そうですか、私もそれは胃ではなくて腸だと思いますね」「ストレスで腸が動いてないんでしょう、便秘を疑うのは正しいと思います」「そうですね、ブスコバンはよくないです」「他にお薬はないですね」
こう言っちゃ何だが、「役に立たないよ…」とイラっとした。
が。極め付けは次のセリフだった。
「あなたの場合はストレスが原因ですから。原因が解決するまではしょうがないですね。我慢するしかないです。私も他に思いつきません」

医者にストレスの原因事態を解決してくれといえばそれは無茶な話だろう。
しかし、ストレスが原因だろうが何だろうが、今現在体が痛いと訴えているのだ。
「ストレスが解決するまで我慢」は医者のセリフとしてないんじゃないか???
ちなみにストレスの原因の解決までにはまだ少なくとも何か月かはかかる予定で、先生もそれは知っている。

しょうがないので、薬局でブスコバンを買って飲んでいる。
ばかばかしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

卵巣

私は、謎の歩くと響くおなかの痛みで、治まらなくて病院にいったら、卵巣が腫れていて入院したことがあります。普通に、おなかでも壊れたのか…それとも、盲腸なのかなあ、ぐらいに考えて受診したのでびっくりしました。
なので、卵巣の検査というのは、「あり」かなと思います。

Re: 卵巣

>まこさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

そんなご経験がおありだったんですね。そして入院するほどの状態で卵巣が腫れていても、本人はお腹を壊したかぐらいの自覚症状だったりするというのはびっくりしました。
じゃあお医者さんがついでに全部調べたのは正しかったのか…。
私が怒ってた理由の一つには、予想外の出費だったというのもあるのですけど(予想の3倍)、でもまこさんアメリカのお住まいだとこれは全然高いとお感じにならないでしょう。私はアメリカとイギリスに住んだことがありますが、日本の保険診療制度というのは本当に素晴らしいと思っています。受けたいときに受けたい病院で診察が受けられて、検査をしてもらえて、自己負担が5000円というのは、ありがたいことです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 肯定してみたら ^ ^

> Chieさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

そうですね、完璧な人間なんて存在しません。
みんなその中で頑張っているんですよね。

発達障害も昔は障害ではなかったのだろうなとは確かに思います。
でもそれは社会のあり方も違ったからでは。
現在のように他人とのコミュニケーションスキルやマルチタスクが仕事でも日常でも求められる社会では、やはりその辺が弱い人は障害なのだろうなとは思います。昔ならちょっと変わった人、だったかもしれないですけどね。
出来ないことを受け入れるか努力するか、バランスに迷いながら暮らしています。
プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。
子供の頃から対人関係が苦手、就職後も職を転々。40代に入り上司のパワハラに参ってしまったのをきっかけに精神科の門を叩き、発達障害と適応障害を診断されました。
もはや40代、会社勤めも一応は出来てる、今更発達障害と言われても……と思いつつ、この先の人生が少しでも楽に過ごせるように日々苦戦しながらいろいろ考えてます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR