FC2ブログ

タイトル画像

先生の察しが悪かった

2019.10.31(21:53) 919

生活(主にお酒と食生活)を改善し始めて1ヶ月半。
北風と太陽なら絶対太陽というか、褒められて育つタイプの私はほめられたい。

つまり、アルコールを控えるなら、「アルコール減らさないと。睡眠の質も落ちるよ」なんて言われるより、「アルコール減らしたら肌が綺麗になったね」と言ってもらった方が断然やる気がする。

今回も頑張ったからな~。体重も結局この1ヶ月半で5キロ弱落ちたし。そろそろ分かるかな。痩せたねって言われるかな。
そんなことを思っていたのだけれど…。

残念ながら、何一つ気づいてもらえなかった/ほめてもらえなかった。
アルコールについては「お酒はどう?」と聞かれたので、「引き続き減らしてます。ほとんど飲んでないです」と言ってみたのに、「あ、そう。…仕事はどう?」だった。
かなりがっかりした。

次回通院日を3週間後にするか4週間後にするかは先生に任せようと思っていた。先生に4週間と言われたらしょうがないけど、先生が察して「3週間で来る?」と言ってくれたら、3週間にしよう。
先生「次回、いつにする?」
私「いつでも大丈夫です」
先生「えーと、3週間後か…」
やった、先生が3週間後って思ってるなら、それでいいや。
ところが先生、あっさりと「あ、ごめんなさい、3週間後はもう予約がいっぱいだ。翌週でいい?」
私「……はい」
スポンサーサイト




発達障害東京一人暮らし


メンタルクリニック トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

転院しようか

2019.10.30(22:55) 918

転院、という言葉が今まで脳裏に浮かんだことがないわけではない。
だけど、今、真剣に考えている。

メンクリの先生と私の関係は極めて良好で、私は私が本当に苦しいときには必ず先生は助けてくれると信じているし、実際今までも先生にある意味命を救われたことは数知れず。この先生には一生診て欲しいと思っていて、先生との平均寿命の差を考えて不安になってしまったりもするほどだ。

だけど…。
それでも転院を考える理由の最大のものは、クリニックの待ち時間の長さだ。
私は待ち時間が大の苦手で、だからクリニックを選ぶときにも予約制のところを選んだ。つまり、私の通院先は予約制だ。
だけど、いい先生だけに激混みで。予約制なのに1,2時間待つなんて普通だ。
私は数千円の追加料金を払って待ち時間短縮コースを選んでいるのだが、それでも「原則として30分以内に呼びます(30分以上かかった場合はこの数千円の追加料金はかかりません)」という内容なので、つまり数千円を余分に払ってもまだ30分は待つことになる。今まで1度だけ、待ち時間が10分ぐらいだったことがあったけど、それ以外は30分ぎりぎりのことが多かった。
そして最近は、こんな予約時間短縮コースなんて全然関係なく、普通に1,2時間待つ。その場合予約金はかからないけれど、そういう問題ではない。待てないから、待つのが苦しいから、待つということで消耗するから、こういう方法を選んでいるのであって、お金がかからなければいいでしょという話ではない。
今日は診察日だったのだが、やはり1時間半待った。
それも快適な待合室ならまだ我慢できるかもしれないけれど、混雑して狭い待合室。ソファといってもキュウキュウに置かれたベンチのような背もたれもないソファで、幅も狭く、普通の体格の大人が座ると隣の人とぎりぎり体が触れ合わない程度。混んでいるので席替えも出来ないし、それどころか姿勢を変えるのさえ難しい。
こういうの、本当に無理なのだ。
児童精神科があるので子どもも多く、隣が子ども連れだったりすると長時間の待ち時間中本当にもうダメだ。

ここのところ調子が良くて、今日もクリニックに行くまでは調子が良かったのに、この1時間半の待ち時間でバッテリーが3%ぐらいになった。意識がもうろうとして来てテンションも下がり、診察のときには「……せんせい……こんばんは……本当は調子がいいはずなんですが……来たら調子が悪くなってしまいました」(ある意味失礼)という状況だった。
通院して調子が悪くなるのは本末転倒だ。そしてこれが「たまたま今日だけ」ではない。少なくともこの直近5回のうち4回は30分内に呼ばれていない。初診も含め、この6年以上の間に時間通りに呼ばれたことは1度もない。

そしてもう一つの理由は、罪悪感だ。
私は調子が悪いときに受診して泣きじゃくったりして時間がかかるたびに「申し訳ないことをしてしまった」と思う。
だけど、調子が良い時に受診すると、「私なんかが先生の時間や医療資源を使って申し訳ない」と思う。
つまり、良くても悪くても罪悪感を覚える。
これもコンスタントに気持ちが削られる。
これも結局のところ「私なんかが時間を費やしてもらう価値はない」という自己肯定感の低さなのかもしれないけれど、だからといって私の自己肯定感は急に高められない。それよりは、そういう気持ちにならないところに通院した方がいいのではないか。

とりあえず、次回の通院日までに落ち着いて考えよう。
自立支援の登録先もあるので(医療機関と薬局は1か所だけ登録でき、そこの利用に限って保険診療の負担割合が1割になる)更新のタイミングを待つ方がいいのかもしれないのだが。

もう、今日、本当にしんどすぎた。
途中で「もう無理なので帰ります」と言いかけたのだけれど、次回の予約だってきっと混んでる。前にそれをやったときには結局先生には日曜に受診させてもらったのだが、今回もそういう特別扱いを求めているように思われても嫌だ。

この私の「待てない」という弱さ、どうにかしたい。
でもどうにもできないから、転院の方が現実的なのだろう。
でも先生に診てもらえなくなるのは怖い。転院先がどんなにいい先生だったとしても、今の先生に対して築いたような信頼感は持てないように思う。

発達障害東京一人暮らし


メンタルクリニック トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

勧められたり勧めちゃったり

2019.10.29(22:10) 917

私にやたらとお菓子を勧めてくれる会社の同僚、私が「家飲みをやめた。アルコール減らしてる」と言ってから、お酒を勧めてくる……。
「お酒飲まないなんて夜どうやって時間過ごしてるの?」「アルコール飲まないとか信じられない」「お酒のある人生はいいよ」と言っている間はいい。私だってほんの1ヶ月半前までそう思ってたしなあ、とも顧みる。

今日は「家で本当に飲まないの」と聞かれたので、「うん、全然」と答えた。
すると「お正月は飲む?」と重ねて聞かれたので、「そうねえ」と言いながら、でもこれは絶対お酒かつまみをくれるパターンだと思って、「急に家飲みやめたからいろんなお酒やおつまみが余っててさ。お正月はそういうの少し消費しようかなとは思ってる」と言った。
すると、「そうかー。実はこの前あゆみさんが北陸で飲んで凄く美味しかったっていう日本酒買ったんだけど、お裾分けしようかと思ってさ」と言うのだ。
……私が話に出して凄く美味しかったと言ったものをわざわざ買ったと言われてお裾分けと言われると、そう無碍にも断りにくい。
「うーん…嬉しいけど…お味見ぐらいがいいなあ…でも1合とかじゃないよね?」と尋ねてみると、「4合」との答え。
日本酒飲んでないと言ってるのに4合もらっても困る。
「残念だけど、飲みきれそうにないから」と言いかけると、「じゃあ会社に持ってくるから、仕事終わってから飲もう!」との提案があった。別に就業規則違反等ではないが、だけどそこまでして。
と思っていたら、「持ち込みできるお店に行こうよ。あ、〇〇だったらお料理もおいしいし」と言うのだ。
私、ダイエットしてるって言ってるのに。その〇〇のお料理は男性向け居酒屋メニューというのか、揚げ物も多いしボリュームもある。しかもその人は夕食はほとんど食べないので、そういうときは「頼んで頼んで。食べて食べて」と勧められる……。

と、私はその人が何か言うたびに「私、ダイエットしてるんだってば」「だから飲むの控えてるって言ってるでしょ」「分かってくれないかな~」とカリカリしていた。
だけど、考えてみれば。

まあ、私も逆だったら言ってしまうかもしれない。
この前も飲まない人とご飯に行って私が生ビールを頼むとその人も生ビールを頼んだので、つい「一緒に飲めるとやっぱり美味しいですよね~」とか言ってしまった。それでその人は二杯目もアルコールを頼んで酔いつぶれてしまったので反省。
北陸に旅行に行ったときにも、一人がダイエット中ということで醸造酒は飲まないと言ってるのに「やっぱりお刺身は日本酒が美味しいよ!私が頼んだ分、お味見だけする?」なんてハイボールを飲んでいる友人に勧めてしまった。これも後で悪かったかな、と反省した。

なので、カリカリするのはやめようと思った。自分だってしちゃうことで他人を責めるのはいかんだろう。
私は「飲まない」「ダイエットする」と言い出すと頑固で強情でマイルールを曲げるのが嫌なのだけど、そこまでの話ではない。
もう少し、融通を利かせて、「いいねえ、ありがとう!」と言って上手に楽しもうと思った。

それから、逆だとこういう気分になるんだなと思ったので、うっかり人に勧めないようにしようとも思った。

発達障害東京一人暮らし


会社 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

通院間隔を考える

2019.10.25(22:59) 916

ここ何年か通院間隔を3週間にしていたのだが、前回調子がとても良かったので4週間後で予約を取った。今週が3週目で、つまりまだ次回の診察まで1週間あるのだが、やっぱり長い。

次回はやっぱり通院間隔は3週間にしたいという話をしようか。多分、患者がそういえば拒否はされないと思う。でも、拒否まではされなくても、「4週間で大丈夫じゃない?」ぐらいは言われるかな。というか調子がいいなら来ないでいいと思われそうだ。まだリスパダールを飲んでいるのでその処方は必要だけれど、それだけなら何か月かに1回でいいような気がする。

本来私程度の軽症患者にしては3週間という通院間隔は短いと思う。でも苦しいとき他に方法がなくて、診察に依存して先生に頼った。次回の通院日だけを心の支えに何とか日々を過ごした時期があった。馬鹿げて聞こえるかもしれないけれど、先生に何も言わずにしんでしまったら悪いと思って踏みとどまったこともある。診察時間も30分だの40分だのという迷惑な時間を費やしてもらったことも何度もある。
そういうとき私は「他の患者さんも辛いのに申し訳ない」と思った。でも心のどこかで「今すごく苦しいから許して」と思い、同時に「その代わり、調子が良くなったら私なんかの診察は少なくするし時間も短くするから。もう少し落ち着いたらこんなに先生の時間取らないから」と思っていた。だから、今だけ、こんなに苦しい間だけ許してください、と思っていた。

だから、今、調子が良いのに通院間隔を短くするのは、そのときの自分への約束を破ることになる。いつも混んでるし、予約もなかなか取れないし、私なんかより先生の診察を必要としている人がいて、先生だってもっと重症の人に時間使いたいよなあ。

そう思うと、「やっぱり3週間に戻してください」とは言いにくい。
やっぱり4週間で頑張ってみようか。今回は今まで3週間だったのを4週間にしたから長く感じるだけで、何度か4週間で頑張れたら慣れていくのだろうか。本当はいずれ卒業しないといけないのだし。

とりあえず来週の診察までの1週間が長い。

発達障害東京一人暮らし


メンタルクリニック トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

エクササイズソフト第2弾

2019.10.25(20:59) 915

先月任天堂のSwitchと一緒にFit Boxingというボクササイズのエクササイズソフトを買った。


Fit Boxing (フィットボクシング) -Switch


よく出来たソフトだと思う。もちろんエクササイズソフトなので楽しいか面白いかと言われれば微妙で、「頑張る」「意識的にやろうと思う」という程度には自分の意志は必要だけれど、でも動画を見ながらやるよりははるかにその気にさせてくれる。
それで、購入後のこの約1ヶ月は真面目にやった。飲んで帰ってきた日や旅行中を除けば毎日やったように思う。
15分や25分といった程度の時間でも、しっかり息は弾むし汗もかく。
とはいえ、飽きることは飽きる。

それで、リングフィットアドベンチャーも購入した。

リングフィット アドベンチャー -Switch


リングフィットアドベンチャーの方が(ベタとはいえ)ゲーム性が高い。なので、フィットボクシングよりは飽きにくいかもしれない。
でも一番大きな違いは、フィットボクシングは有酸素運動型、リングフィットアドベンチャーは筋トレ型という点だと思う。
リングフィットアドベンチャーも一応その場でジョギング(足踏み)したりはするけれど、ほとんどが筋トレだ。
私は筋トレを自分でやるのはとても苦手なので、ゲームの音声に励ましてもらえるのは良い。そして無駄に負けず嫌いなのはこういうときにはヨシ。
一番ダイエットに効果があるのは筋トレしてから有酸素運動らしいので、リングフィットアドベンチャーやってからフィットボクシングやれば万全なのかもしれないけれど、1度だけやってみたが、ちょっと無理…。
今はリングフィットアドベンチャーメインでやっている。
そしてリングフィットアドベンチャーのいいところは「お腹に効く」メニューがあるところ。フィットボクシングはこれがなくて、しょうがなく一番近いだろうと思うウェストシェイプアップのプログラムをやっていたけれど、一番気になっているのはお腹なんだよ。なので、リングフィットアドベンチャーのお腹対策プログラムはしっかりやりたいと思う。

そしてこの1ヶ月ちょっとエクササイズと食事制限/飲酒制限をしてきた結果は。
体重は最初に3キロ落ちたあとはすこーしずつ下がっては1歩進んで1歩下がり、みたいな感じで、今はピークと比べて3.5キロ減といったところ。
体脂肪率も少しは下がっているようだが、まだ誤差の範囲内。
内臓脂肪度が1段階下がったのは嬉しい。

ということで、すごく劇的とまでは言えない。でも、少しずつ効果が出ているのは自分で感じられる。
そもそも最初はストレッチで疲れてしまったりラジオ体操で筋肉痛になっていたのが、今は同じストレッチをしても可動域が広がったのが分かるし多少の負荷をかけてもそれほどの筋肉痛にはならないし。
3.5キロ落ちると服を着たときにも余裕が出てきた。

友達に言わせると私はこういうときは「極端」だそうで、お弁当を作ると言ったらそれから毎日欠かさずお弁当を持っていって、エクササイズをすると言ったらそれから毎日エクササイズをして、アルコールを飲まないといったら飲まなくて。
こういう性格は融通が利かないと言われるたぐいのものなのだろうけれど、ことダイエットという局面では役にたってくれるはず。

もう少し、とりあえず12月の健診までは頑張ってみようと思う。

発達障害東京一人暮らし


日常 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

調子が良すぎてやっぱり怖い

2019.10.23(22:20) 914

今日、会社を出て駅まで歩いていたらすれ違った男の人が突然、「にやにやしてるんじゃねーよ!」と怒鳴ってきた。
その人はそのまま通り過ぎていって、もちろん突然怒鳴られた私は怖かった。
だけど、もう薄暗い道を下を向いて歩いていたというのに、それでもすれ違いざまに分かるほど私はにやついていたのだろうか。

今日は勤務中にも退屈な書類を見ていたときに「にこにこしてるけど何かいいことあった?」と言われた。

週末からの旅行の間も、去年、おととしと同じメンバーで同じところに行ったのに、今年だけ無茶苦茶何食べても美味しいし何飲んでも美味しいし何やっても楽しいし、その後の一人旅も同様で、見るものも行くところも何もかも楽しくて、にこにこにやにやしていたと思う。

昨夜寝るときにも突然、「私って自分のマンションで好きに暮らして快適な寝室で寝られてなんてラッキー」と思ってにやにやしながら寝た。

……。
調子がいいのは良いことなのだけれど、やっぱり何か変だ。
何かいいことがあって気分が上向くのは分かる。でも、状況は何も変わっていない。先行き不安だし、いろいろなごたごたは片付かないし、仕事はうんざりだし、特段良いことなど何もないのだ。もちろん友達と旅行に行けるのは有難いことだし、職があって住むところがあるのは恵まれているとは思うけれど、それはもうずっと今までもそうなので最近急にそうなったわけではない。

でも、確かに自分でもにやにやしている自分に気づくことがある。
何だろう、これ。

躁状態を心配したけれど、別に今の状態に不都合はないし、むしろこのままずっと快適をキープしたい。病的な好調さではないと思う。たぶん。
でも、ウツの時と逆な感じといえば逆な感じだ。ウツのときというのも何か理由があって落ち込むときは分かるのだが、特段の原因がなくそれまでと同じ生活をしているのに何もかもがもう終わりのように思えて絶望の淵に沈んでこのままブラックホール化して消滅してしまうような気になることがある。あれの逆バージョンか。でもいままでこの快適バージョンを経験したことはない。

快適な状態なんていうものに不慣れなので、逆にとても不安だ。


発達障害東京一人暮らし


日常 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

定型の自信

2019.10.22(10:57) 913

友人が最近朝ごはんに卵をよく食べると言うので、「卵は完全食だから忙しい人にはいいよね」と言うと、「そうなの?」と言われた。それで、「家庭科でやったよねー。ビタミン以外は必要な栄養素が含まれているんじゃなかったっけ」と言うと、「そんなの覚えてないよ」と自信満々に言われた。それで「覚えてないって言うのにずいぶん自信満々だね」と言うと、「そんなの覚えてない方が普通。あゆみみたいに学校でやったぐらいのことをいまだに覚えている方が変」と言い切られた。
この友人は私が発達障害であることを知っている。そしてこの人自身は間違いなく定型発達だと思う。

定型って、すごいなと思う。
やったことを覚えていて自信を持つなら分かるけれど、覚えていないということについて「それが普通」と言い切れるのか。自分と相手に違いがある場合、相手が変と言い切れるのか。
翻って発達障害がある人間は、何か人と違う場合に「自分が変」と思いがちだと思う。少数派というのは子どもの頃から集団の中で一人だけ「変」と言われ続けてきていて、もう自分が周囲の人と違うときには自分が変なのだということが刷り込まれている。

この友人からはさらに「覚えてない方が普通なんだから、覚えてない人に『覚えてて当然』みたいなことは言わない方がいいと思うよ」と言われた。
私の言い方がえらそーだったのか?それならそれで気を付けた方がいいのかもしれない。この友人はアドバイスをくれたのかもしれない。

だけど、「覚えてない人」対「覚えている人」で、覚えてない人の方が自信満々というのもなんか「変」

発達障害東京一人暮らし


発達障害 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

明日から北陸

2019.10.18(20:04) 912

明日から北陸に友達と旅行に行く。
北陸新幹線が水没というニュースを見たときにすぐに飛行機を手配すれば良かったのにうかうかしている間に売り切れ。夜行バスまで売り切れ。結局、行きは名古屋回り、帰りは日中の高速バスで帰ってくることにした。東京から行くのは私だけなので、こんな目にあったのは私だけ…。東京から北陸って、やっぱり本当は行きにくいんだなと実感した。
また今週末も雨らしくて、現地は大変だろう。私たちはリスケも考えたが、なかなか日程の都合が合わないという事情を「復興応援にお金を落として来よう」という合言葉でまとめ、行くことにした。

今日の夕食はなるべく冷蔵庫の物を片付けておきたいと思い、残り物で。
トレイに集まったものは、お豆腐、納豆、鶏肉(サラダチキン)、ミニトマト、大根(ぶり大根の残り)。それにあとはリンゴ。
残り物だから無茶苦茶な組み合わせだと思ったが、考えてみれば植物性蛋白質、発酵食品、動物性たんぱく質、生野菜、調理した根菜、果物とある意味非常にバランスが良い。しかも糖質制限食。結果オーライだ。
先月からのダイエットと食生活の改善はきちんと続けていて、お酒も家飲みはかなり劇的に減って、運動も心がけていて、自分比ではとても健康的な生活を送っている。明日からの旅行は飲んで食べてだけど、そういうときはOK.

さ、家をざっと片付けて、荷造りして明日の準備をしなくては。
名古屋経由になったので、当初の北陸新幹線を使う予定に比べて2時間も家を出る時間が早まった。朝は5時起きだ。しかも東京も明日は雨の予報。
楽しみにしていた旅行ではあるのだが、正直言えばちょっとしんどい気もする。行ってしまえば楽しいと思うのだけれど。

発達障害東京一人暮らし


日常 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

パズル認証が分からない

2019.10.17(22:09) 911

出先からあるサイトにログインしようとしたら、IDとパスワードを入力した後に、パズル認証が出てきた。
(「画像の欠けている部分にパズルのピースを置いてください」っていうアレです。こういうの。)

どこだ…。欠けている部分、どこだ。
隅から隅まで見てみる。左上から下に、そのちょっと右上から下に、そのまたちょっと右上から下に…と繰り返して右下の角までたどりついてもまだ見つからない。次は横向きに同じことを繰り返す。どうしても見つからない。
「画像を変える」で画像を変えてみた。やっぱり分からない。
もう一度画像を変えて、必死になって探して、やっと分かった。

私はこのパズル認証がとても苦手だ。
だけど、このパズル認証、ロボットによる攻撃を防ぐための仕組みの一つらしいのだけれど、「人間にとっては易しい」のがメリットだそうだ。
そりゃそうなんだろうな…いろんな人が使うであろうサービスのサイトのログインで使うわけだもんね…。
ということは、人間にとって易しい仕組みがこんなにも難しい私って、ここで一般にターゲットとされている大多数の人間のレベルを下回っているっていうことだよね。

私は自分の視覚情報の処理能力が低いことはよく認識している。絵の間違い探し(「この2枚の絵の中に3か所違っているところがあります。どこでしょう」みたいなやつ)も時間内に分かった試しがないし、そもそも人の顔を覚えられないのも人の顔を認識できていないからだろうし、同様に車やお花やブランドといったたいていの人にとってはそれなりに区別できるものが私にとってはどれも同じに見えるし、絵を見るのが好きな割に「これいいねえ」と見惚れた絵でもショップにたどり着く頃にはどの絵だったか分からなくなっているし、そしてそれは発達障害の知能検査のテストを受けたときにも歴然としていて、視覚情報の処理が関係するものは軒並み低かった。
だけど、まあ、私はそうやって生きてきていたので、それなりに折り合いはつけていた。なんとかなっていたのだ。

しかしこのパズル認証はまずい。世の中にこのパズル認証が増えてきたら困る。
今回は3枚目の画像でなんとか分かったけれど、セキュリティ対策なのだとすれば変えられる枚数にはたぶん限度があるだろう。セキュリティの厳しいサイトだと制限時間などもあるかもしれない。
そうすると認証できる気がしない。
こんな「世の中の大多数の人が簡単に」出来ることが出来ないのか。ちくしょう。

発達障害東京一人暮らし


発達障害 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

気持ちが分からない

2019.10.15(23:01) 910

去年もこの時期、健診前のダイエットをしていた。その話を会社である人としていたら、一緒にいた人が「えー、あゆみさんダイエットなんて必要ないじゃん」と言うので、「この会社入ってから7キロも太っちゃってさー」と言うと、「私なんかこの会社入って2キロもやせちゃったよ!」と言う。
へえ、そうなんだ、いいねーと流しておいた。

しかし、ことあるごとに「また痩せちゃってさ」「また体重減っちゃったのよ」と言ってくるので、私は増えて困っていたこともあり、ちょっとめんどくさいなと思って、自分からはもうダイエットの話はしなかった。それでも時折、「あゆみさん、やせた?」なんて言ってくるので、ところが全然やせているはずもなく、「痩せてないよ、むしろまた太り気味」なんて言うと、「そうなんだー、私また痩せちゃってさ」と来る。

この人、確かにとても細いし、胸はあるのにお腹はぺったんこだ。
だけど、だからそれでいいじゃん? と思う。何もダイエットに苦労している人相手に、そんなにアピールしなくても。

この人は胃腸が弱いので夕食は食べないそうだ。そりゃ、ま、やせるわな。
ところが、ある人が普段きちんと食事をとっていないという話を聞くと「あの人拒食症だよ! 不健康な痩せ方だもんね」と嬉しそうに言う。

そして最近、「まだ夏バテかなー、また1キロ減っちゃったんだよ」と言ってきたので、「そうなんだ、私最近お酒減らしたら一気に3キロ痩せてびっくりしたんだよ」と返してみると黙った。
黙ったのだが、なぜかわざわざその後席にチョコレートを持ってきてくれて「これ、おいしいから」と置いていってくれた…。

これが太っている人だったら分からなくもない。
だけど痩せているのに、この言動は何だろう?

これが理解できないのは、私の発達障害が故の想像力のなさではないと思う…。

発達障害東京一人暮らし


日常 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2019年10月
  1. 先生の察しが悪かった(10/31)
  2. 転院しようか(10/30)
  3. 勧められたり勧めちゃったり(10/29)
  4. 通院間隔を考える(10/25)
  5. エクササイズソフト第2弾(10/25)
  6. 調子が良すぎてやっぱり怖い(10/23)
  7. 定型の自信(10/22)
  8. 明日から北陸(10/18)
  9. パズル認証が分からない(10/17)
  10. 気持ちが分からない(10/15)
次のページ
次のページ