死後に思いを馳せて思いとどまる

最近、自分が死んだあとのことを考えることが多い。
この1,2年急激な人生の変遷を経たせいもあるだろうけれど、年齢的にもそうかもしれない。同年代の友人の話を聞いてもやはり20代や30代の頃と環境も状況も変わっている。身近な人の生死の問題を抱えている人もいる。

今後、再婚するつもりはない。子どもを持つこともないだろう。

そうするとわずかとはいえ残る財産を、死後の始末をつけた後、どうするか。
親に先立たない限りは兄弟または甥姪が相続することになるが、それよりもどこかに寄付したい。
でも自分が死ぬタイミングが分からないので、適切な寄付先をいつどう決めたらいいのか分からない。
3.11 のときもそうだったが、赤●字やユニ●フやYaho●のような大手では、結局必要なところに必要な形で回っているのかが見えない。直接誰かの役にたつような形で残したい。
これについては今後考えようと思っているのだけれど。

とりあえず、万一の際には臓器提供をしようと思っている。
もともとは献体をしようと思っていたのだkれど、登録方法を調べようとしたら最近は献体はむしろ余り気味(という表現も失礼だが)という話を目にした。
どうせなら需要が多い方が役にたちそうな気がするので、臓器提供にしようと思った。
ただそのタイミングを、脳死時にするか、心肺停止時にするか、迷っている。
役に立つ臓器が多いという意味では脳死にするべきなのだろうが、脳死と診断されてから回復する例もあるなどと聞くとやっぱり迷う(脳死から回復することはないそうだが、脳死という診断自体が間違っていることはごく稀にあるらしい)

しかしこの臓器提供を考えたことには、思わぬメリットがあった。
この数年、軽いうつ状態になると時々電車に飛び込みたくなることがある。
先日、久しぶりにそれがあった。
特にうつ状態と言うわけではなく、自分ではそれなりに普通に生活していると思っていたので突然のあの衝動に自分でも驚いたぐらいだったのだが(説明が難しいのだけれど、電車に飛び込みたいなどと考えている脇で、そんな自分を冷静に観察している自分もいる)

そのとき、「轢死じゃ臓器提供しようにも提供する臓器が残らないな」と思った。
寄付先も決めてない、と思った。
それで思いとどまった。

なんか、バカみたいな理由というか、筋が通ってないと思う。もっと気にするべきことは他にあるだろうと。
でも、思いとどまれて良かった。

不思議なことに、私がそういう衝動にかられるのは、なぜか電車に限られている。
ガスやロープをイメージしてしまえば一人暮らしでは防ぎようもないと思うのだが、電車(ホームや踏切)に限られているため、そういう危ない感じなときには電車を使わない、電車が入ってくる瞬間にはホームにいない(階段途中で待機するなど)の対策を取っている。

来週、引っ越す。
引っ越し先は職場から徒歩圏というのにはちょっと無理があるけれど、なんとか歩ける範囲だ。
通勤に電車を使わなくてよくなるということに、ほっとしている。
自転車を買うつもりにしていて、普段の移動は自転車を使うことにしようと思っている。
スポンサーサイト
プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。
子供の頃から対人関係が苦手、就職後も職を転々。40代に入り上司のパワハラに参ってしまったのをきっかけに精神科の門を叩き、発達障害と適応障害を診断されました。
もはや40代、会社勤めも一応は出来てる、今更発達障害と言われても……と思いつつ、この先の人生が少しでも楽に過ごせるように日々苦戦しながらいろいろ考えてます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR