数学の先生へお礼を言うと

中学数学を教えてくれていた先生と最後の授業の際にお礼を言った。
最後、というのは中学数学の範囲が終わったから。次回から高校数学のクラスレッスンになる。

「自分が高校数学までやってみようなんて思えるようになるなんて、思ってもいませんでした。先生が丁寧に根気強く怒らないで教えてくださったおかげです。本当にありがとうございました」とお礼を言った。
ほんとにこの先生、私が説明を聞いてあれ?と不思議に思いポンポンと繰り出す質問に、1つ1つ丁寧に答えてくれた。
それで、「私の質問、ずいぶん的外れだったと思うんですけど、ちゃんと教えていただいたおかげで納得できました」と付け加えた。

そうするとこの先生は。
「いえいえ、数学に興味をもってもらえて私の方こそ嬉しいです。こちらこそありがとうございました」
ここまでは良い。常識的だ。
これに続けて。
「確かにあゆみさんの質問は的外れなものも多かったですけど」
えーっ!!! それ、そう言いますか!
「でも、鋭いものも多くて、聞いてる方も面白かったです」
えーっ!

生徒の側が「的外れですみません」と言ったところで、「そんなことないですよ」と言うのが「普通の」対応なんじゃないですかね?
先生、空気読もうよ!
と思った。
スポンサーサイト

おそロシア

夏休み、ウラジオストクに行くことつもりだったのだけれど、行かれなかった。
なんとビザがおりなかったのだ。(ヨレヨレのTシャツを着た写真のせいではないと思いたい)
オンライン申し込みで4日後には発行されるということだったのに1週間経っても連絡がないので、調べてみると「見当たりません」の表示が出る。
ちなみに私は完了画面も登録番号もスマホで写真に残している(スクショが分からないだけなのだが)
だから絶対に私の間違いではない。こういう手続きは慣れてるし。

しょうがないのでロシア領事館を探して連絡すると「モスクワまだ朝の5時なので分かりません」と言われた。いや、モスクワに聞かないと分からないんですか?
そう思いながら、じゃあモスクワが開いたら調べてくださいというと「お名前教えてください」と言われた。名前を教えるとそれで切られそうになったので、申請番号とかいらないですかというとでは申請番号教えてくださいという。こりゃ絶対問い合わせる気ないだろう、と翌日直接領事館に行くことにした。

行ってみると意外なことにビザ担当の間でこの情報は共有されていたようで、名前を言うと「ああ。モスクワ尋ねましたが、システムの担当者が夏休みで分かりませんでした」

8月に運用開始したばかりのシステムの担当者が8月に夏休みかい!
というか、1人しかいないのか? それともそろって休んでるのか??

ナントカという書類とナントカという書類を集めてくればビザを窓口で発行するとは言われたが、そんな暇がないからオンラインで申し込んだのだ。この日領事館に行ったのだって、会社には迷惑をかけている。
窓口の担当が「今日夕方にもう一度モスクワ電話します。他にも同じこと言ってる人います」と言う。
あまりあてにせず、こりゃ旅行は無理だなと思いながら会社に行った。

驚いたことに、夜6時頃に電話はかかってきた。
「やはりシステムの担当お休みです。分かる人いません。私も試してみましたが分かりません」
そして、ロシア人とは思えない営業も口にした。
「これでロシアを嫌いにならないでください。ロシアとても素敵です。またぜひ来てください」

「また」も何も、今回行かせてくれないのはロシアなんですが!
ロシアを嫌いになるかは分かりませんが、ロシアのシステムと責任感のない仕事ぶりは大っ嫌いになりました!

ぷんぷんしながら、でも諦めるしかない。
格安の航空券を買っていたのでキャンセル不可。というか、キャンセル手数料を計算したら逆に追加で支払いが必要じゃないかと思ったぐらいだったがそれはなくてほっとした。
ホテルは30%のキャンセル料ということで、3泊3万円ぐらいのホテルだったので、2万円はもどってきたことになる。

その2万円で、近場の温泉に一泊旅行をしてきた。
会社の友達に「ウラジオストクのホテルから」とスマホで撮った写真を送ると「さすが日本に近いだけあって風景が日本みたいだね!看板も日本語だね!」と返信が来た。「そうなんだよ、案内とかも全部日本語だし、飛行機乗らないで良かったし、なんか電車で30分だったよ。ウラジオストク超便利」と返事をした。
会社へのお土産に温泉まんじゅうを買い、「ロシアのお菓子って、あんことか入ってるんですね~」と笑われた。

温泉は温泉で気持ち良かったけど……
でもそれならあの飛行機代を使えばもっと豪勢な温泉旅行が出来たのに。

バリウムめ…

会社の健康診断に行ってきた。
そりゃ健診で病気とか発見されるのは怖いのだけれど、それよりも健診当日にその場で判明する事実も怖かった。
「体重」だ。

この数ヶ月でそれまで数年キープしていた自分の標準体重を4キロもオーバーしてしまっており、これはまずいと思っていた。
それで健診の案内が来た2ヶ月前に、「あと2ヶ月で4キロ落として去年並みに」と決心した。週0.5キロならなんとかなるだろう、と思ったのだ。

しかしなんとかならず…だって結局食べて飲んでるもんね。
健診1週間前の時点で1キロしか減っておらず、まだ3キロ残っていた。

そのあとの1週間は頑張った!
肉は鳥胸、大量キャベツ、こんにゃく麺。アルコール抜き(ドライゼロで我慢)
その結果、2.7キロの減量に成功し、健診朝には「去年と比べて0.3キロ増か……まあ、許容範囲か」と思って、結構頑張ったよね私、と思いながら健診に出かけた。

いろんな検査があるのだけれど、呼ばれながら次々受けているうちにいつの間にかバリウム検査になっていた。
「あのう、すみません。まだ身体測定してないんですけど」と言うと、「今回はこの順番ですねー」とあっさり流された。
今まではいつも身体測定が最初の方で、バリウムは最後の方だったのだ。

バリウムを手に、ためらった。だって、ずっしりと重い。
スタッフの人はバリウムを嫌がる人に慣れているとは思うが、まさか私がバリウムの「重さ」を気にしていたとは思わなかっただろう。
でも、しょうがない。諦めて炭酸を飲みバリウムを飲み、検査を受けた。
そしてバリウムは終わったらすぐに下剤とともに水分補給が必要だ。
お水の入った紙コップを手にまたしばし考え、でもこれもしょうがない。出せなかったら大変らしい。
お水とお茶を1杯ずつ飲んだ。

そして、その後の身体検査。体重を測定する。
「あのう、今日はバリウムが先だったんですけど。その分の重さって引いていただけるんですか?」と一応聞いてみると、係の人は「えっ、それは……。ちょっと先生にお聞きしてみます」なんて言うので、慌てて「じゃあいいです。すみません、それほどのことではないです」と、本当はそれほどのことだったのだけれど、我慢した。
そしてそして体重は。
昨年比1.1キロ増。

後で検索してみると、バリウムはやはり比重が重いので、あの150ccで500gもあるらしい。それに紙コップ(小さめ)2杯の水分補給でこれがたぶん200cc/200g相当。そうすると併せて700gも実際より多かったわけだ。
1.1キロから0.7キロを引けば0.4キロ。バリウム前に身体検査をしてくれれば去年と比べて0.4キロ増だったわけで、これなら自宅を出る前の「0.3キロ増か」のほぼ誤差の範囲内で収まったはずなのに。

ああ、悔しい。私はこういう記録や数値目標がとても気になるのでかなりショックだった。

夏休み旅行先

夏といえば夏休み。
それほど気乗りがするわけではないのだけれど、有休をとらないのもシャクだし、有休取るならどこか旅行かぁ、でも国内はどこ行っても暑いし…でも海外で長時間のエコノミークラスしんどいな、別に行きたいところがあるわけでもないし。
と思っていながら半ば義務感で旅行先を探し、最初ベトナムに行こうと思ったのだけど、その話をすると友人が自分も行きたいという。だが日程があわず、「じゃあ日程が合うときに一緒に行こう」ということにしたので、また探しなおし。
結局ウラジオストクに行くことにした。

ロシアはビザの申請が面倒で行ったことがなかったのだ。
(今まで観光ビザが必要な国でわざわざビザ取ってまで観光に行ったのはインドだけ。日本のパスポートはだいたいどこでも観光ビザ不要なので、あえてそんな面倒な行先を選ばなくても、と思っている。インドはどうしてもタージマハルが見たかった)
ところが。なんと。2017年8月から、一部の国籍を持つ外国人はロシアの一部の都市に限りだけれど、ビザ不要になったのだ。
ばんざーい! しかもなんていいタイミング! 
なんと成田から2時間半!

もちろんロシアのことだから本当に8月から運用開始になるか信用していなかったのだけれど、無事に運用が開始されたようなので、さっきオンライン手続きをした。(ビザが不要といってもオンラインで一定の申請は必要)
名前だの性別だの生年月日だのパスポートナンバーだの有効期限だのを記入し、なんか分からないところは適当に選び、進んでいくと…最後に「写真」があった。
写真をアップロードせよと。
まあ、そりゃ、そうか。

しかし無背景で顔がアップ、写真の正面に大きく写っている写真など持っているはずもない。
しょうがないのでスマホのカメラで。
ところが予定もなく家の掃除だけがノルマだった連休最終日、すっぴんで髪はボサボサだ。しかも首の回りの伸びた家用Tシャツ。
どうしよう。一応、化粧してブローして着替えたほうがいいかなあ。
ま、いっか。入国審査の写真なんて、悪人面でなければいいだろう。めんどくさい。

と思って、すっぴん髪ぼさぼさにヨレヨレのTシャツで撮影して、アップロードした。
どうか、入国拒否されませんように。

というわけでウラジオストクに行くことだけ決めたので一体何を観光すればよいのかよく分からない。出発前にはリサーチしておこう。とりあえずホテルと航空券だけおさえてある。
格安ツアーに見えても、一人旅は追加料金が結構高い。ホテルの部屋が高いのはまだわかるとして、なぜ飛行機の座席まで一人追加料金が必要??? ばかばかしいので私は一人旅のときはだいたい自分でアレンジする。なのでツアー会社のお仕着せ観光プランもなく、本当にノープランだ。
ただ、私はイクラが大好き。これを食べまくるというのがプラン、かな。
ロシアは英語があまり通じないらしいので、とりあえず「イクラ」のロシア語だけメモって行って食べまくってこようと思う。これは滞在中毎日三食イクラでもいい。
お醤油持っていった方がいいかな。

メンタル強いはず…

適応障害を起こしてメンタルクリニックに通って4年。
4年も精神科に通いながら何を言うと思われそうだが、私は今でも自分はメンタルは強いほうだと思っている。
どこかで自分に対して楽観的というか、参ってしまったようでも立ち直れると思っているというか。

だけど、この数ヶ月、まともに寝られたことがない。睡眠薬を飲めば眠ることはできるのだけれど、毎晩毎晩嫌な夢で何度も目が覚める。起きたときには嫌な後味ばかりが残り、それが嫌で寝るのが怖く、眠りたくないほどだ。
起きたときに暗闇でパニックになったこともあり、眠るときに電気が消せない。これも睡眠の質を悪くしていると思うのだけれど、電気をつけていないと目がつぶれない。
人生で初めて、過食嘔吐を始めた。今まで過食はあっても(飲みすぎ以外では)嘔吐はない。
それでも会社が生活のリズムだったのだけれど、この3週間ほど、会社は行けたり行けなかったり、行っても早退したり、午前半休で午後から出勤したりだ。今、有休にも仕事にも少し余裕があるのでなんとかなっているけれど、こんな勤務を続けるわけにはいかない。

とりあえず寝られないのが元凶で、それは嫌な夢を見ることが原因なのだと、ネットでいろいろ調べてみた。
するとあるものだ……なんと「悪夢障害」という言葉が。
適当にでっちあげたとか通称とかではなく、DSMに載っている正式な障害名らしい。
私はそれまで「寝られない」のは睡眠障害でお薬で対応可能と考えていたが、「悪夢を見る」まで投薬治療の対象になるとは思っていなかったのだが、なんと精神科医が書いたという悪夢障害という本には効く薬があると書いてある!
出版社はちょっと怪しいところだけれど、精神科医だという著者の経歴が詐称だとは思わない。

そして私にはこういうとき、頼りになる先生がいる。
(「怒ってた」話は棚上げ。とりあえず困ったときは引き続き助けてもらっている)
先生に聞いてみると、「うーん……要は鎮静作用だから、鎮静した結果眠れるというのはあるかもしれないけど……副作用が強いから……私はどうかと思いますけどねえ」と懐疑的な様子だった。
しかし、寝たい。というか、安眠したい。
「一晩でもいいんです。落ち着いて眠りたいです」と訴えると、「じゃあ週末だけ飲んでみますか」と処方してくれることになった。

効くといいなあ。
寝られないというのも困るが、寝るのが怖いというのもこれはこれで非常に困るものだ。

ただ、不思議なのだけれど、食べては吐く、寝れば悪夢、会社にもろくに行かれない。
こんな明らかに生活に支障が出ている状況なのに、それでもまだ私は「いずれ落ち着くはず」と思っている。
気分は沈みがちとはいえ、別段うつ状態っだとも思っていない。
この根拠のない自信は何なのだろう。我ながら不思議だ。


悪夢障害 (幻冬舎新書)

※この本のおかげではない気はするけど、その後状況は改善に向かってます。
プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。「発達障害のわたしのこころの声」(学研)の著者です。
本には書けなかったこと、本を出してからの日々を綴っています。
会社員と一人暮らしが出来ていているのに、発達障害は確かなようです(診断済み)。



発達障害のわたしのこころの声 (ヒューマンケアブックス)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
広告


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR