FC2ブログ
先生に「調子はどうですか」と聞かれて、「あんまり良くないです。何かこれといった理由は思い当たらないんですが」と答えた。
先生は「アルコール、また増えてる?」と聞いてきた。
先生、私が調子が悪いと言うとアルコールって…私のことを何だと思っているのよ。
それに卵が先か鶏が先かだけど、私はアルコールを飲んで調子が悪いわけじゃなくて、調子が悪いから(他に気分が和らぐ手段がなくて)アルコールを飲むんだぞ。

私「ちょっとは増えてますけど…」
先生「レクサプロは、4分の1?」
私「アルコールと相性が悪いので、アルコール飲んでしまうとレクサプロ飲めなくて。最近あまりちゃんと飲んでないです」
先生「そうするとまた睡眠の質は悪いですか」
私「はい」
先生「そっかー」
私「分かってるんです。アルコールやめてレクサプロちゃんと飲むべきなんですよね。そうしようと思うんですけど、でもアルコールが我慢できなくて」
先生「うーん」
私「でもアルコールをやめろと言われても無理だと思います」
先生「やめろとは言いませんが」
私「どうしたらいいですか(やや逆切れ)」
先生「アルコール飲んでもちゃんとレクサプロ飲みましょう」
私「え? そもそもアルコール飲んでお薬っていけないんですよね?」
先生「飲まないよりいいでしょ」
私「……お医者さんがそうおっしゃるなら」

ということで、アルコール飲んでもレクサプロを飲むことになった。昨夜早速飲んでみた。
やっぱり今朝はだるくて眠くて身体が重い。これが辛いんだよなあ…。
でも確かにレクサプロを飲むと、気分は速攻で持ち直すのだ。
むむー。副作用はしんどいけど、しばらく頑張ってレクサプロ飲んでみようかな。
だけど先生、お薬とアルコールにちょっとアバウトじゃないですか?
スポンサーサイト
2019.08.01 Thu l l コメント (0) l top
5月にメンタルクリニックを受診したときに、少しデパスが多いし依存も気になるからレクサプロを飲んでその代わりにデパスをやめていかれるといいですね…と言われていた。
その後レクサプロは結局飲んだり飲まなかったり。そしてデパスも結局調子悪ければ飲んでいる。
だから、トータルでは減っていない気もする。
リスパダールは結局減薬できないまま、毎晩欠かさず飲んでいる。

あ~あ…。なんか、毎日何種類もの向精神薬飲む生活なんて…嫌だな。
嫌だとは思うけど、でも飲むと楽になるのも確かで。

私は一時期、自分は本当は調子悪くないのに通院の口実を失いたくなくて服薬が必要というふりをしているんじゃないか?(潜在意識で)と自分を疑っていたことがあるのだけれど、そんなことはなさそうだ。私にはたぶん実際にお薬が必要なのだろう。
むしろもっと早くにお薬を飲んでいれば、いろいろなことがもっとうまく行ったのかもしれない。
リスパダールは私の自分らしさを押しつぶすような感じで好きではないのだけれど、別に私のパーソナリティなんて押しつぶされたからって困るほどの価値もなかったということに思い至った。

ま、お薬で楽になるなら、いっか。

先生は「自分で調整して飲んでください」と言う適当処方なのだけど、その処方箋を持ってドラッグストアに行くと「前回出ていたお薬が今回出ていませんが、何か変わりましたか?」とか、「ずいぶん多い処方ですけれど、気分は悪くなりませんか?」とか、いろいろ聞かれる。そのたびに「先生には適当に調整して飲んでいいと言われているので」と答えているのだけれど、そしてそう言っておけばドラッグストアはお医者さんの処方に異を唱えたりはしないのだけれど、でも本当に向精神薬を自己判断で調整していていいのかはよく分からない。私の調整というのは処方内での調整だけではなく、時に処方を超えて飲むこともある。先生にもそれは言ってあるけれど、先生は「それはちょっと多いね」とは言うけれど、それでもやっぱり「適当に調整して飲んでください」なのだ。デパスが多いから気になると言われても、処方してくださいと言えば大量に処方してもらえる。私の自己判断は信頼されているのかもしれないけれど、私は自分の自己判断を信用できないことがある。本当にこれでいいのかな。
2019.07.17 Wed l l コメント (0) l top
結局レクサプロは飲んだり飲まなかったり、半分で飲んだり4分の1で飲んだり、こんな適当な飲み方でいいのか?とは思うけれど、自分に適した服薬方法を探っている感じだ。
飲むと確かに楽になるし、夜嫌な夢を見ずに寝られる。だけど、日中だるいので。

しかしこのレクサプロには意外な効果があった。
抗酒剤か、と思うほどにアルコールと相性が悪い。もちろん薬局での説明にはアルコールは駄目ってなっていたけど、精神のお薬はほとんどそう書いてあってそんなの気にしていたら飲めないので、私は(本当はいけないのかもしれないけれど)あまり気にせず飲んでいる。
ところが、初めてレクサプロ飲んでアルコール飲んだときはビール1缶が飲み切れないほど気分が悪くなった。

しょうがなく、ノンアルコールビールで胡麻化しているうちに、なんかそれでも行ける気がしてきた。
今では一缶ぐらいなら大丈夫だけれど、一缶飲んだらお代わりはノンアルコールにしたりしている。
飲みに行く前夜はレクサプロは飲まないし、あるいはうっかり2缶以上とかもう少し強いお酒を飲んでしまった晩はレクサプロは飲まずに寝るなど「レクサプロを飲まない」という方向で調整することもあるけれど、でもレクサプロを飲むために「アルコールを控える」という日も結構あって、これはもしかして意外な効能かもしれない、と思っている。

そして久しぶりにノンアルコールビールを飲むと、好みが変わっていた。
私はドライゼロ派が一番マシかなと思っていたのだけど(一番ビールに近いという意味)、オールフリーの方が美味しく感じるようになっていた。もちろん偽物っぽい味はするけど、ジンジャーシロップで割ったりするとシャンディガフっぽくなっていい感じになる。

一番本物に近いかなと思ったのは零一(ぜろいち)という種類だ。コンビニには置いてないのよね。スーパーに行ったときにはこれを買うようにしている。これだとそのまま飲んでもそれなりにビールっぽい味がする。

【1本増量】キリン 零ICHI増量パック 350ml×7本(6本パック仕様+無料提供缶1本、2450ml)



2019.06.14 Fri l l コメント (0) l top
もうずっと安眠出来ずに苦労していたのだけど、レクサプロを飲んだ間は飲み始めたその日からぐっすりと寝られるようになって、これはすごいと思った。
レクサプロの副作用がきつかったので、結局服薬は止めたのだけど、そうしたら悪夢がぶりかえして来た。

迷いに迷ったけど、今夜はレクサプロ飲んで寝ようと思う。昨日の晩、夜中に何度もドキドキしながら目が覚めて辛かったので。
だけどそうするときっと明日は猛烈なだるさでしんどいんだよね。

起きている間しんどいか、寝ている間しんどいか。結構究極の選択を迫る薬だなあ。
2019.06.10 Mon l l コメント (0) l top
昨日、迷いに迷ったのだけど、先生に電話した。
(クリニックに電話してお薬の件で確認したいというと診察時間終了後に先生から電話をもらえる)

先生「どんな感じですか」
私「眠くてだるくて頭がぼーっとして辛いです」
先生「レクサプロ、そんなに副作用強くないはずなんだけど」
私「あと、軽い頭痛と軽い吐気もあります」
先生「それはしばらくしたら治まると思います」
私「それからこういうのは初めてで副作用かどうか分からないんですけど、口の中が甘くて、ウーロン茶飲んでも甘く感じます。それからトイレが近くなって不便です」
先生「うーん…それは、副作用かどうか分からないですねえ。他の病気かもしれないし。じゃあ服薬は一度止めて様子を見ましょうか」
私「それが困ったことに、お薬の効果は感じてるんです」
先生「そうですか。……あ、それなら減薬してみるという手も。あのお薬、さらに半分に出来るから」
私「試しました。日曜の晩半分にして飲んでみたら月曜日もっと調子が悪くなって、それで月曜の晩は5mgに戻したんですけど、そうしたら今日(火曜に電話した)もっと調子悪くなって、もうどうしていいのか分かりません」
先生「それはもう私もどうしていいか分かりません」

えええーっ!
先生、そんなの、ありですかー?

私「……どうしたらいいでしょうか」
先生「じゃあね、一度止めて、副作用と思われるものが消えるか確認してください。それで副作用が出ても構わない週末だけ飲んでください」
私「薬局では続けて飲まないと効果の出ないお薬って言われたんですけど…」
先生「まあ、薬局ではそう言うでしょうけど」
私「…分かりました。そうします」

ということになった。
え、なんか先生それでいいの?という気もしたのだけれど、昨夜は飲まなかった。

今日は見事に副作用と思われる症状は全て消失。
(でも減薬したとき調子悪くなったんだから断薬したらもっと調子悪くなりそうなのに、謎)
そして、お薬の効果で少し調子が良くなった=お薬止めたらまた落ち込む、と思っていたのに、そんなこともなく、まあまあ快調に過ごしている。

レクサプロ、なんだかよく分からないお薬だな。

そして先生が言うには「レクサプロ、たまにこのお薬だけ効くっていう人がいるんですよねー。他に方法がなくて仕方なくレクサプロ処方するとぴたりとはまったり。私はこのお薬あんまり信用してないんですが」

えーっ!
先生、仕方なく処方とか、あんまり信用してないとか…。
患者に言うのはどうなんですかね???
私は先生を信じていたいのに。
2019.06.05 Wed l l コメント (0) l top