催涙ミスト?

私は相当負けず嫌いだし、他人に弱みを見せるのが嫌いだ。
女の武器は涙? なんですか、それ。
欲しいものは涙じゃなくて実力で。それでだめなら潔く。

どうも私は泣くのを人に見られることが恥ずかしいというのを超えて怖い。
だから人前で泣くことは大人になってからまずなかった。
(一人で泣いたりトイレで泣いたことはある)

それが……。
メンタルクリニックにいくと、ほぼ漏れなく、たぶん9割ぐらいの確率で泣く。
カウンセリングに行くとカウンセリング時間の大半を泣いて過ごすことがある。
当然相手は泣いていないわけで、日常生活だったらありえない光景だ。つまり、なんか卒業式とか送別会とかみんなが泣いている状況で泣いているのならまだいいのだけれど(でも逆にそういうときは泣けないタイプなのだが)、あるいは友達と飲みにいってお互い酔っ払い状態ならまだありだと思うのだけれど、相手が素面でじっと自分を見ている状況で自分も素面であれだけ泣けるって……私の今までの人生での自己基準では絶対にありえないことなのだ。
それが、「今日は絶対泣かない」と決心して診察やカウンセリングに臨むのに、何故か泣ける。
ああ、また泣いてるよ、私……なんて頭のどこかで思う冷静な部分が残っていたりするのに、涙が止まらない。

それで、思った。
泣くことによるカタルシスはよく聞く。
つまり、泣くことは精神療法なのだ。
……だから、診察室やカウンセリングルームには催涙スプレーが撒いてあるに違いない。部屋の空調に催涙ミスト(?)が注入されているのだ。
私のせいではなく、私の心が弱いのではなく、催涙スプレーに対する反応なんだから、しょうがない。
あー、そういえば、お医者さんもカウンセラーもいつも眼鏡をかけている。あれは催涙スプレー対策なのだろう。

そんなことを思ってしまうぐらい、泣ける。

そう思っていたら、この前初めてメンタルクリニックに行ったという人から、「診察で泣いちゃいました」と聞いた。この人も普段人前で泣かなそうな人だ。
やはり、どこのメンタルクリニックでも診察室には催涙スプレーが撒き散らしてあるに違いない。
スポンサーサイト

意味の分からない質問

メンタルクリニックの通院はしない方向で頑張りたいのだけれど、睡眠薬だけ必要で、できたらもう今更新しいメンタルクリニックに行くよりも今までのところで引き続きお願いしたい(精神科の初診は長くて大変。そして内科では睡眠薬はまとめて出してくれない)。前記事で書いた「先生への電話」の中でお薬だけ出してもらえないか尋ねてみると、「じゃあこれで電話診察ということにして処方箋だけ出しておくので受付で受け取ってください」と言われた。
(この先生は結構真面目に「顔も見ずにお薬は処方できない」というタイプなのだけれど、多少は融通を利かせてくれることがある。飲み慣れてるお薬だし、私はお薬のトラブルを起こしたこともないし)

で、診療開始時間までに処方箋を出しておいてくれるということだったので、受け取りに行ってきた。診療開始後1時間後ぐらいだ。
受付で「あゆみですが、処方箋だけ受け取りにきました」と言うと受付の人から「少々お待ちください……あれ、あゆみさん、本日ご予約入っていませんが」と言われた。それで「いえ、診察でなくて、処方箋だけ受け取りに来たんです」と言うと、「そうですか」と書類を調べてくれたが処方箋が出ていなかった。
すると、「処方箋についてはは先生とお話し済みですか?」と尋ねられた。

……あのう、先生と話もせず、いきなり処方箋受け取りに来るとでも?

常々不思議なのだが、なぜこう世の中の人というのは当然わかるというか、聞く意味がないというか、確認する必要がないことをわざわざ尋ねるのだろう。
「え?……はい、もちろんです」と答えたのだけれど、質問の意図がよく分からなかった。

結局ただの先生のミスだったようで、受付から先生に連絡してもらい、無事処方箋は発行されたのだけれど。
こういう些末なことがどうも釈然としない。

反論

今結局私は通院はしない方向で頑張っているのだけれど、先日用事があってメンタルクリニックの先生に電話した。
近況を聞かれた際に、再婚の予定を聞かれた。
「えっ? 先生、何ですか、それ。私の状況ご存じですよね? どこからそんな発想が出てくるんですか? ありえません」と言ったのだが。

今日会社で友人にその話をした。
「いろいろわかってくれてる先生だと思ってたのに、全くもう信じられないよ」

すると友人が「先生はわざと言ったんじゃないの?」と言うのだ。
「どういうこと?」と尋ねると、「『あー、反論してきた。あゆみさんらしいわ。これなら大丈夫』って思ったんじゃないの」と。
それは深読みしすぎだと思うが、それにしてもこの状況で反論するのは私からすれば当然だ。
それでその友人に「じゃあ〇〇ならどう答えるわけ?」と尋ねると、彼女は「いやいや、先生、まさか……」って言ってへへへって笑うかな、と。
「それじゃどっちかわからないじゃん。曖昧だねー」と言うと、逆に「あゆみらしいねー、きっぱり派だね」と言われた。

「わざと言った」はないと思うけれど、友人の「自分だったらこう言う」という答えは参考になった。
なるほどねえ。食ってかかるよりそうやって流した方がそりゃオトナだよね。
……でも、ムカッと来たんだもん。

やっぱり怒ってた・・・と思う

メンタルクリニックの先生とは連絡がついた。
やっぱり、絶対怒ってたようだ。
お医者さんてそんなに簡単に患者に怒るか?と思うと(普段穏やかで根気の良い先生だ)自分の何がいけなかったのかよく分からないのだけど、もういいやと思って「先生、何か怒っていらっしゃるんですか」と尋ねた。
「……別に怒ってはいません」
というのが先生の答えだった。

先生、その「……」の沈黙はどういう意味ですか。
どうして声が冷たいんですか。
大体、電話の第一声が「メッセージが読めないってどういう意味ですか」って、先生ポイントはそこですか。

私は長年「なぜ怒られているか分からないけど怒られているらしい」という事態を繰り返し経験してきて、そういう状況に対応するために編み出した対策というのがある。
それは「とりあえず謝ってしまえ」だ。
これで相手は勝手に謝ってる理由を自分に都合よく解釈してくれることが多い。

とりあえず、言ってみた。
「先生、すみません。この前は本当にすみませんでした」

先生はまた少し黙ってから、「怒っていたわけではありません。ただ、あなたの状況も分からないのに、次々答えにくい質問されて、私も困惑してたんです」と言った。少し声が和らいでいた。
いえ、先生。あれは「困惑」ではなかったと思います。
・・・・・・などと言っては火に油を注いでしまうことぐらいは分かっている。
状況が分からないのがいけなかったのか?

「ちゃんと経緯や状況をお話するので、また診察受けにに行っていいですか」と尋ねると、先生は「もちろんかまいません」と、だいぶ普段に戻った声で答えてくれた。

この「とりあえず謝ってしまえ作戦」はそれなりに有効だ。
ただし、原因が分かってないので同じことを繰り返した場合、相手の怒りは倍増してしまうというリスクがある。

対応策

最後にメンタルクリニックに行ったとき(先生が冷たかったと書いた前記事のこと)、困っていることとして相談したのは次の3点だった。
1.電車が怖い。正確に言うと、電車に飛び込みたくなったらどうしようと思うとホームに立つのが怖い。
2.突然カッとすることがあり、見知らぬ人に暴言を吐いたり暴力を振るいそうになったことがある。
3.連日の飲酒と過食が止められない。

電車はずいぶんと「ホームに柵のある駅」に詳しくなってきた・・・
柵があれば乗り越えてまでとは思わない。
まあ、出来るだけ電車に乗らないようにしている。
通勤はかろうじて歩ける距離なので往復歩いているし、近距離のお出かけ用に自転車を買った。この通院もカウンセリングも今まで電車で行っていたのだが、自宅前からも会社前からもバスが通っていることが分かったのでバスを使っている。
それでもごく稀には電車に乗る必要はあり、そういうときは電車がホームに入ってくるまでホームには立たず、階段などで待機している。「うっかり」しないように気を張り詰めている。それにそれほど遠出をするわけではないので、本当に嫌な感じならタクシーに乗れば良い。
暴力・暴言衝動は・・・・・・。これは、困っている。何の予兆もないだけに困っている。これは次回、カウンセリングで相談しようと思う。
そしてアルコールと過食。先生はアルコールについては量は明らかに多いし、休日に朝や昼から呑んでいるなんていうのはやはり適正な飲酒ではないと言う。だが、じゃあどうしたらいいのかについては何もなかった。「休肝日を作ってください」と言われたが、そんなことが出来るものなら相談なんかするものか。

しかし、後に冷静に考えたのだが、精神科にもやはり専門分野があるはずだ。そりゃそうだなあ。発達障害の診断受けに行くにあたっては、発達障害の専門のところを探したもんな。
きっとこの先生は、アルコール依存についてはあまり自信がないのではないか。というか少なくとも積極的に診たい疾患ではないのではないか。と思ってネットで見てみると、アルコール依存は精神科の中でも嫌われ者らしい。本当かどうかは知らないけど、妙に納得するところもある。

じゃあアルコールはアルコール専門のところに行こうと思い、探してみた。
隔離病棟とか入院とか、そういうレベルではないぞ。相談が出来るようなクリニックレベルのところだぞ。
とドキドキしながら探してみると、そういう感じのところがあったので電話した。
混んでいた・・・・・・やっぱり今、専門がある精神科というのはどこも混んでいるのね。
予約は少し先になってしまったけれど、それでも予約が取れたことに安心した。
「あのう、自分がアルコール依存症だとは思ってないんですけれど(←本人が言うのだから相手には全然信憑性はないだろうが)、少し最近自分の飲み方が変わってきているのが気になっていて、そういう相談でもいいですか」と尋ねると、大丈夫とのこと。
(保険診療というのは治療が目的で、予防は対象にならないはずなので)
スクリーニングテストはやりましたかと尋ねられ、2種類やっていずれもアルコール依存症の「疑い」だったと答えると「そうですか」と言われたのだが、「そうですか」はどういう意味だったのだろう。
会社には行っているし、会社前夜は深酒はしないし、まだコントロールは効いている。今のうちになんとかしておきたい。

ところで会社の人事から「健康診断のご案内」が出ていた。多分私は2,3ヵ月後が健診だ。
アルコールは多少最近問題飲酒があるとはいえ身体に出るような事態にはなっていないと思うが、過食を伴っているので体重がまずい。なんとか体重は落とさないとなあ。
これはダイエット道場でも行くか?
・・・すべて他力本願だな。
プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。「発達障害のわたしのこころの声」(学研)の著者です。
本には書けなかったこと、本を出してからの日々を綴っています。
会社員と一人暮らしが出来ていているのに、発達障害は確かなようです(診断済み)。



発達障害のわたしのこころの声 (ヒューマンケアブックス)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
広告


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR