FC2ブログ
APDという障害に関する記事を読んだ。
声は聞き取れていて聴力に問題はないのに言われた言葉の意味が分からない、という障害だそうだ。
珍しい障害で診断できる耳鼻科が少ないとか…。

へ?と思った。
それって、発達障害のある人には普通に聞く障害では?
騒音下で聞き取りにくいとか、口頭の指示が理解しにくいとか、よくあるよね?
私もテレビは字幕の方が理解できるし、歌は歌詞を読まないと聞くだけでは理解できない。日常会話程度は口頭の会話でもそれほど不自由を感じないけれど専門的な話のセミナーなどは声はほとんど耳を上滑りでいつも配布資料を読んでいるだけ。

と思っていたら、記事にも発達障害との関連性が記載されていた。
そうか、発達障害を知らないと耳鼻科に行ってしまうのか。

記事は例えばこんなの
Wikiの記事はこちら
そしてWikiの記事に興味深いことが載っていた。
「(雑音下で聞き取りにくいことの対策として)補聴器として市販されている製品のうち、リモートマイク(製品名:マイクロマイク)が使用できる補聴器を、その増幅量を絞って使用することで、同等の効果を得ることができる」

それでマイクロマイクという補聴器を調べてみると、なんと
「マイクロマイクを利用すると、雑音の中でも 会話が楽しめるのでお買い物や賑やかなカフェ、車の中で会話をする際に便利です。」
えええっ!
これ、まさに私が苦手なシーンばっかり!
特に飲食店での会話は機会が多いのに本当に苦手で…。

金額的には効果があるなら買ってみてもいいかなと思える値段。
今度先生に相談してみようかな。
スポンサーサイト



2019.09.18 Wed l 発達障害 l コメント (0) l top
実はこの前親に会ったとき、勢いで私の発達障害をカミングアウトしてしまった。
もう今更療育受けさせてもらうわけでもなし、親には一生言わないままでいいと思っていたのに…。
つい、うっかり。勢いで。

親(母)の反応は。
・あんたのことは変わった子だと思うことはあったけれど、障害だと思ったことはない。今は何でも障害にしてしまうが、その程度では障害ではない。
・出来ないことを障害のせいにせずに頑張れば出来るはず。障害を言い訳に使うのは良くない。
子どもの頃に障害だと言われなかったおかげであんたは頑張って能力を伸ばすことが出来たのだから、子どもの頃に分からなくて良かった。

母の考え方からすればこれは至極その通りで。なんというか、予想通りの母の思考回路だった。
でも、予想がついたからといって、だからといって、私の気持ちが納得できるわけではない。

時代が違った。知的障害を伴わない発達障害なんて知られてなかった。母が否定したのはしょうがない。
でも、保育園の頃に既に自閉症と言われていたのに。もし、子どもの頃から療育を受けられていれば。もし、この生きづらさの理由がもっと早くから分かっていれば。
出来るはずと思って頑張って能力を伸ばせたというのは、うまくいった部分についてはそうかもしれないけれど、そんなのはほんの僅か。反面どれほど頑張っても出来なかった大半の部分についてどれほど私の自己肯定感が下がったことか。

とはいえ、今更母を責めたいわけではない。母なりに難しい親子関係に苦労したことだろう。しょうがなかった。しょうがなかったし、私は今それなりに折り合いをつけて頑張っている。
ただ、カミングアウトしなければ良かったとは後悔している。
2019.09.04 Wed l 発達障害 l コメント (0) l top
通院先のメンタルクリニック。先生の机の上が散らかっていることが多い。たまーに比較的片付いていることもあるけど散らかっているときは相当散らかっていて、前回はもう机の表面なんて全く見えなくて、机の上に物が二重三重に積み重なっている感じだった。
以前先生と何か話していたときに「ああ、そういえば」と言って先生がその雑然とした机の上からすぐに目的のものを探し出していたことがあり、先生の頭の中では何をどこに置いたか覚えているのかもしれないけれど、でもまあ見た目には明らかに散らかっている。

この前の診察の際に私が「先生、その机の上…かなり散らかってますよね」と言うと、先生は「本当ですよね。これじゃあどっちが患者だかわかりゃしない」と言って笑っていた。

片付けられない、というのは発達障害の特性の一つとしてよく上げられる。私も見事に片付けられない。
だけどこの先生はたぶん間違いなく定型だと思う。でも、定型だって片付けられない人もいる。
「片付けられない人=発達障害」という図式は成り立たないだろう。
でもそうすると、発達障害の特性って、どういうことなんだろう? 

コミュニケーションが苦手なのは発達障害の特性だと思うけど、発達障害でない人でもコミュニケーションが苦手な人なんてたくさんいるだろう。コミュニケーションが苦手な人イコール発達障害ではないと思う。
発達障害の特性って…分からない。

でも、やっぱり、当事者としては「障害がゆえの特性」に苦しんでいる、と感じる。
「誰にでもあること」「発達障害のせいにしない」と言われてしまうと、「分かってもらえない」と感じてしまう。
2019.08.27 Tue l 発達障害 l コメント (0) l top
私はメンタルクリニックの先生を信頼していると言えば聞こえがいいが、むしろ依存しているのではないかと思う。そしてそれだけに、「先生に診察してもらえなくなったら困る」が発展して、「先生が先にしんじゃったらどうしよう」と不安になることがある。特に先生の方が年上だし、男性の方が平均寿命短いし。
しかもこの前、他のクリニックのお医者さんが亡くなってしまったという話を聞いたので心配になってしまった。そのお医者さんの方が私の先生より若かったし……。

だけど、「そうだ!」と思い出した。
以前、自閉症の平均寿命は一般の人より16年だか18年だか短いという論文(の紹介)を読んだことがある!
今ググってみたら、スウェーデンの調査で自閉症でない人に比べて16年平均寿命が短いという話だ。

えーと。先生と私は10歳差。
つまり、16年平均寿命が短いなら、私の方が……?

あ、男性と女性の平均寿命の差もあった。
今厚労省のサイトで見てみると、男性の平均寿命は男性81歳、女性87歳、つまりその差6歳。
あれ? 10歳差で、男性の方が平均寿命が6年短くて、自閉症の人の平均寿命が16年短いとすると…。
もしかして、先生と私は同じ年にしぬ確率が高い?

なんてうまくできてるんだ~!
あとは先生が引退せず、生涯外来を続けてさえくれれば。

女性平均寿命87歳。そこから16年引くと71歳。71歳没予定か。
先生はその時81歳…うーん、精神科医なら81歳でも現役ありかな?

先生、引き続き宜しくお願いします。
2019.08.02 Fri l 発達障害 l コメント (4) l top
暑い…。暑すぎる。
本日の東京34度。ま、しょうがないけどね。納得いかないのは那覇33度。
そのうち本当に夏は那覇に避暑に行くなんていう日が来るんだろうか。

夜になっても熱気でむわっとしている中、本日はメンクリ通院日だった。
先生に「京都市長が『火事は最初の3分5分が勝負、選挙は最後の1日2日で逆転』とかなんとか、不適切な発言をしたそうですね」と言ってみると、先生はこの発言自体は知らなかったようだったけど「あ、だから叩かれてたのか」と言っていた。先生、発言を知らずに叩かれていたことだけ知ってるって、どういう情報の取り方してるんだろう?
それはともかく、「私が以前、新幹線での放火事件の後に『この夏は新幹線の中が猛暑ですよね』と言ったのと、似てますよね」と言うと、先生はぎょっとしたようで「え…まさか、あの事件のことを念頭に置いての発言ではなかったんですよね?」とのこと。
(先生とはこの話はしたことはあったはずだけど、何年も前のことだし、覚えていなかったのはしょうがない)
精神科医にぎょっとされるほどの発言だったのかと落ち込みながら「もちろんあの事件を念頭に置いて言ったんです。相手にもそれが分かったから不謹慎だと言われたんです」と言ったら、「そう……」とちょっと言葉が続かない感じだった。
私が重ねて、「この京都市長の発言、私のその発言と似てますよね」と言うと、先生は「そうですね……。ちょっと市長も選挙戦で頭がいっぱいになってしまっていて自閉的になっていたのかな」と言った。
こういう場面で「自閉」という形容詞が使われたことにちょっとショックを受けながら、「そうすると(人口の中の発達障害の割合とか政治家というコミュニケーション能力が必要そうな仕事柄から)この市長はたぶん発達障害じゃないと思うんですけど、なのに発達障害が共感性がないって非難されるのは変だと思うんです。発達障害じゃない人だって共感性ないこと言いますよね? 誰でもどんな人でも共感性のないこと言いますよね?」と尋ねると、先生の答えが衝撃だった。

「うーん……それはまあ誰でもそういうことはあると思いますが……でもね、発達障害のある人は、それが日常的というか、頻繁なんですよ」

ああ…。そういうことなのか。
私はよく、「定型だって無神経なこと言うよ! 発達障害だけを悪者にするな!」と思って納得いかない感を覚えているのだけれど、そうか「定型だって言うけれど、発達障害のある人は頻繁に言う」のか。
定型にだって能力の得手不得手はあるけれど発達障害の凸凹とは違うように…
定型の共感性のなさは、たぶん発達障害の共感性のなさとは、レベルが違うのか。

私はどれだけ頻繁に不適切な発言をしているのかな。
2019.07.31 Wed l 発達障害 l コメント (0) l top