FC2ブログ
この前、「待たされることにカっとする」という話を書いた。
今度は「メールに返信がなくてカっとする」編です。

私は友達との雑談メールに返信がなくても別にカっとしたりしない。当然かもしれないけれど。私も雑談メールの場合はすぐに返信するとも限らないし。

だが、私が「返信がなくてカっとした」のは、オフィス環境の改善を求めるためにお医者さんから意見書を書いてもらえないだろうかと考え、いつものメンクリの先生にコンタクトを取ったときのことだ。

もうこの環境無理…と暗い気分で考え、夜9時過ぎに先生にメールを入れた。
「オフィスが混んでいて話し声や笑い声がして両隣の席に人がいてテレビがついていて私には苦痛なのですが、そういう環境が私には身心に悪影響という意見書は書いていただけるものですか」
返事がなかったので1時間後に追伸しておいた。
「明日会社で再交渉しようと思っているので詳細はともかく可能かだけでも教えていただきたいです」

9時や10時に寝ているということはあるまい。携帯を持っている以上、夜だって見ているだろう。もちろん患者からのメールの全てに即レスがあるとは思っていないけれど、「書けると思います」ぐらいの返信に30秒もかかるまい。明日会社で交渉・・・と書いてあるのだから、翌日出勤の際にでもちょこっと返信してくれればいいんじゃないの? と思っていた。
この段階ではカっとしていない。

しかし、翌朝になっても返事がなかった。
このあたりでイラっとした。
そりゃ忙しいでしょうよ。でも、メール連絡OKと自分から言っているんだから、言った以上は返信はするものでしょ。私のメールは友達の雑談メールではない。医者に対して意見書を出してもらえるか聞いているのだ。返信を求めていい類のものだと思う。

ところが意見書を待てなくてそのまま会社に話をしたら予想外に会社の反応が良かったので、問題は解決してしまった。
そこでお昼休みに、無駄な返信もらっても悪いなと思って「話合いで解決したので結構です」と送った。

ここで、何故かカっとスイッチが入った。
これを送るときに、ふと先生とのメールの履歴を見てしまったのが原因だ。
・・・先生、全然返信くれてないじゃん!

過去数ヶ月に数回のメールを送っているが、1回だけどうでもいい返信不要(伝えておきたかっただけ)のメールに返信があったことを除けば、その他の本来連絡が欲しかったものに何一つ返信が来ていない!!!
最近メールに返信がないぞとは思っていたのだけれど、実際に自分の送信履歴しかないメールの履歴を見ていたら腹が立った。

なんだよ。返事する気がないなら、メールでの連絡でもいいですよとか言うなよ!
返事寄越さないなら最初からそう言えよ!

「しかし履歴を見てみると、メールでのご連絡にはほぼ全くお返事いただいてないですね。お忙しいこととは思いますが、メールでもいいとおっしゃりながらこれはないのではないかと思います」
このメールを送った。
怒りが煮えたぎる。
この扱いはないだろうと爆発しそうになる。
許さない(←何が?と突っ込まれそうだけれど)

「今後お返事が必要なものについてはメールはしません。ですので今後実害はないとは思いますが、でもこの点については先生のご対応は不誠実だと思います。お世話になっているとは思っています。でもそれとこれとは別です」

送った。
予想通り返事はない。

私は今でもこれを書きながらでも怒りが蘇ってくるのを感じている。
これもやはり「ないがしろにされている感」が原因なのかもしれない。

こういう時の対策として、「返事がなくても腹を立てない」ということは出来ない。
とするとどうするか。
返事が来ない、という状況を作らないこと。
つまり、宣言した通り、「以後この医者にはメールを送らない」ということが唯一の解決策だ。

まあ実際私はこういうことを宣言すると翻さないので、たぶんもうこの先生にメールをすることは二度とないだろう。
メールしなければ返信が来ないと腹を立てることもないだろう。
だからもう大丈夫なはず。この原因で怒りに駆られることは今後ないはず。

私にとって「怒る原因があるのに怒らない」ことは非常に難しい。そうすると、怒る原因を作らないことを目指すしかない。
スポンサーサイト
2018.05.17 Thu l 怒り l コメント (4) l top
カウンセラーからアンガーマネジメントとして、腹が立ったことを書いてみるというのはいいですよと言われたので試してみる。

先日来、上司から提出を求められていた書類があった。
同僚と私と同じ書類を自分の部下について出さなくてはならず、同僚の方が部下の人数が多いので、出すタイミングは合わせるよ、待っているよと言ってあった(私が先に出すと同僚に催促がいく可能性があるので)。

先週始めに、「いくらなんでもそろそろ出さないと」と言うと、「分かった、今後の月曜にして。そうしたらいざとなったら日曜に頑張るから」と言うので、日曜までやらざるをえないほどならしょうがない、待つか、と待った。

月曜に「間に合わないけど、もうあゆみは出しちゃっていいよ。私も明日には出すから」と言うので、「定時までは待つよ。でもじゃあそれで出しちゃうね」と言って、夕方の定時後に提出した。

今日もその同僚は提出していなかったのだが、夕方になって「この書式を変えたい」と言いだした。
共通書式なので、彼女が変えると私もやりなおさなくてはならない。

「次回提出分の話なら聞くけど、今回のはとりあえず出しちゃいなよ。今更私やだよ、そんなこと」
と言おうとしたのを我慢した。
2017.06.06 Tue l 怒り l コメント (0) l top