とりあえず謝るということ

最近の記事で「理由はわからないけれど怒られているらしいからとりあえず謝る」という話を書いた。

これは子どものころからの長年の経験によるところが大きい。
元々私は人の様子を見て取ることが下手だ。だから、私が「なんか怒ってるんじゃ?」と思った段階ではすでに相手は激怒している段階のことが多い。
そこで「何か怒ってる?」なんて聞いたらそりゃ火に油だ。

親に怒られても意味が分からなかった。分からないから「どうして怒ってるの?」と聞くと「自分で考えなさい!」とさらに怒られる。
考えて分からないから聞いているのだ。
考えても分からないから聞いているのにというと屁理屈ばかりこねると言われ、黙るしかない。
だけど黙っていると「なんで怒られてるのか分かった???」と言われ、ここで「分かった」と言ってもその説明を求められたら答えられないし、「分からない」と答えるとさらに怒られる。
かわいげのない子ね、強情な子ね、とよく言われた。
私にとっては地雷畑を歩いているようなものだ。いつかはどっかーんと来る。でも分からない。一歩一歩、抜き足差し足、おそるおそる進しかない。

とりあえず謝る、は、その段階にいくまでに相手の気持ちを和らげるという意味では比較的有効だ。
ただ、前述のように人の様子を見て取ることが苦手な私が気づく段階では、すでに相手はかなり怒っていることが多い。
だから、ここで「謝る」は「平謝りに謝る」だ。とにかく、理由が分からない以上、「言い訳をせず」謝ることが肝心。

でも不条理だなあと思う。
どうして怒っているなら怒っていると言ってくれないのか。
そしてなぜそれを察しないことでさらに怒られなくてはならないのか。

強情だと言われても、私は私なりに「理解できない理由でとにかく謝る」と最大限の努力をしているのに。
スポンサーサイト
プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。
子供の頃から対人関係が苦手、就職後も職を転々。40代に入り上司のパワハラに参ってしまったのをきっかけに精神科の門を叩き、発達障害と適応障害を診断されました。
もはや40代、会社勤めも一応は出来てる、今更発達障害と言われても……と思いつつ、この先の人生が少しでも楽に過ごせるように日々苦戦しながらいろいろ考えてます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR