FC2ブログ

発達障害東京一人暮らし

40代で発達障害の診断を受けたいわゆる大人の発達障害です。クローズ(障害については言わない)で会社員をしています。(旧「大人の発達障害:40代で会社員で今さら発達障害です」)

隣の芝は青いのか

私に働きたくても働けない人の気持ちは分からないかもしれないけど、働かなくても暮らせる人にも私の気持ちは分からないなあ。
スポンサーサイト



家族の手を借りれば出来る

五十肩の整形外科でのリハビリ用問診票のようなものに、日常生活がどの程度できるかをチェックする欄がある。
例えば「着替え:1.自分で出来る 2.家族の手を借りれば出来る 3.出来ない」「洗髪:1.自分で出来る 2.家族の手を借りれば出来る 3.出来ない」のような感じ。

私は一人暮らしだから1に〇してるけどね…。
家族がいれば助けて欲しいよ。家族がいないからしょうがなく必死に自分でやってるんだよ。

障害者手帳や自立支援の診断書にも似たような項目があったと思う。
「金銭管理 適切に出来る 支援が必要 出来ない」のような。

こういうのって、本当に自分では出来ない人もいるわけだし、反面問題なく自分で出来る人もいる。
でも一定数はグレーゾーンというか、家族がいればサポートして欲しいけれど、いなければなんとか自分で(間違っていても不十分でも)するしかない人もいる。
だけど、そうやって必死に自分でなんとかしていると、「自分で出来る」になってしまって障害の程度としては軽度にされてしまうって、なんか不条理だ。

働けない、というのも本当に働けない人は別として、「経済的に家族が支えてくれるから」働く必要がそれほどないという人もいるだろう。私だってそんな環境なら働きたくない。でも一人だからしょうがなく働いているのに、それをもって働ける=障害の程度が軽いと認定されてしまうのって、やっぱり納得いかない。
WAISの結果だけで障害区分が決まるなら、私だってそこそこ立派な障害持ちなのに。
…いや、障害の程度が重い方が良いわけではないことは重々承知なのだけれど…。
入院したい。障害年金受給したい。障害年金で入院生活を送れてもう働かないでよければ最高。
そんなはずがないと言われることも贅沢だと言われることも分かってる。でももう働きたくない。自分で生活を支えたくない。

郵送での自立支援更新手続き

自立支援の有効期限が今年の3月までなことと、この1月に転職して保険証が変わったことから区役所に変更手続きについて問い合わせた。
たぶん問い合わせは1ヶ月以上前で、そしてこの折なので郵送対応可能ということで、区役所はすぐに申請書類を送ってくれた。
でも私はこういう書類仕事が苦手で嫌で嫌で。ずるずると後回しにしていたのだが、ついに覚悟を決めて書いた。

メインになるのは「自立支援医療費(精神通院)支給認定申請書(診断書不要)」という書類。
私は去年診断書を出しているので今年は診断書が不要。
個人番号の記入が必要なので、確認しながら慣れない番号を慎重に書き写す。
それから氏名、住所、生年月日、電話番号などを書く。
続いて保険の記入。この保険証、被保険者番号というものの記入が必要で、保険証を見ると「保険者番号」というのがあるのだが、これを記入すると失敗する。「被保険者番号」は「被保険者証」という左側の記載と併せ読んで「番号」と記載されている欄の番号を記載しないといけない。長年の失敗をやっと覚え、今回は無事に記入。もちろん、保険者番号の方も記入する欄がある。あと、記号。記号って、×とか〇とか△とかを言うんじゃないのかと思うんだけど、なぜか保険証の記号って数字なのよね。各種数字で混乱気味。

もうこのあたりで私の集中力は切れ気味なのだけれど、ここから今度は医療機関と薬局の記載。
医療機関も薬局も現在使っているところと同じなので今の自立支援の受給者証を見ると、名称や住所はあるけれど、郵便番号や電話番号が載っていないので、ネットで検索。申請するときに記入してるんだからそのまま受給者証にも載せておいてくれればいいのに。
医療機関コードや薬局コードは分からないので省略。これは確か前回区役所の人が記入してくれたから代筆OKなのだろう。これも受給者証に載せておいてくれれば転記ぐらいするのに。

それから「治療方針(症状)の変更等」という記載欄がある。これって、患者本人が記載する内容なんだろうか。まあ、「有・無」の欄の無の方に点線で〇が書いてあったので、そっちに〇つければいいのよねと思って点線をなぞる。

私は元々文字を書くことが大の苦手なのだが、最近は字を書くことがほとんどないので、本当に書けなくなっている。四苦八苦した。

それから、「自立支援医療(精神通院)受給者証等記載事項変更届」に移る。これは保険証の変更。
こっちも個人番号を書き、氏名住所生年月日電話番号、自立支援医療費受給者番号、有効期間、保険証の内容、さらにまた最後に申請者の申請、押印…。もうヘトヘトだよ。

それから同意書。これは課税所得の確認を区役所の人がすることに同意する書面。
これも住所氏名電話番号押印。

住民票と保険証のコピー。

郵送物をまとめながら案内の記載を読み返していると、案内の下の方に「裏面もお読みください」との指示が。
裏面を見てみると、現在の受給者証も必要とのこと。危ない危ない。受給者証もコピー。

それから返信用封筒に自分の住所氏名を記入。
家に82円切手はあった。郵便局に持っていく余力がないので、82円を2枚貼る。

完成。やったー…(ぐったり)

こんな飲み放題ってあり?

お気に入りの近所のパスタ屋さんにはよく一人で行く。とりあえず最初の一杯は生ビールを頼み、それからお料理をつまみながら3杯くらいを飲んで1時間か1時間半ぐらいで切り上げる。
顔なじみになってきたころ、「1時間1000円の飲み放題がありますよ」と勧められ、二杯飲めば元が取れるということで飲み放題を頼んだ。4杯飲むと正規料金の半額ぐらい。
メニューには載ってはいるが、目立たないところに小さく書いてある。ま、1時間で4杯飲まれたら利益が出ない。

非常事態宣言でお酒を出せるのが7時まで。
この前、6時半ごろにお店に行くと「30分500円の飲み放題アリです」と言われてそれを頼んだ。
生ビールが550円(だったと思う)なんだから、最初に「生ビール」と言った時点でこの半額飲み放題はお得。
これはメニューには載っていなくて裏メニューというか、急遽作ったプランぽかった。
でも私の他にも勧められている人がいたので、常連限定の裏メニューと見た。

この前、仕事が終わって6時50分に駆け込んだ。
「とりあえず生ビールと白ワイングラスで!」と息せききって私がオーダーすると、店長さんはにやりと「15分の飲み放題にしますか。250円です」

15分の飲み放題って~!
給食の牛乳早飲みじゃないんだからさ^^;

せっかくなのでそうしてもらった。
最初に頼んだ2杯は15分で飲み干し、時間制限の最後にもう1杯頼めるシステムなので、赤ワインを追加でもらった。
これで250円て、申し訳なさすぎる。でもラッキー^v^

悪いので、追加でデザートも頼んだ。
…こういうことしてるから体重増えるんだ、と思いつつ。でも酔っぱらってると甘い物美味しいのよね。

調子が良いというわけでもないようだ

猛烈な忙しさは少し落ち着きいてきた。でもこの会社では、週末も祝日も仕事メールをチェックするぐらいは避けられないのだろうなと思う。完全にオフにする日というのはなさそうだ。私だけがこきつかわれているということではなく、そういうカルチャーの会社なのだと思う。

まあ、調子は悪くはない。私の場合、通勤や出社が大きなストレスなので、コロナのおかげで(というのは不謹慎ながら)在宅勤務が普通になってきたのはありがたい。今のところは週に1,2回の出社にしている。

でも、悪いというほどではないにしても、良いわけでもない。
私はお料理が苦手ながら、調子が良いときは多少はお料理らしきこともする。野菜炒めや照り焼きレベルであってもフライパンを使うのが私的にはお料理度が高い(=調子が良い)とき。
その次はお鍋を使うとき。おでんとか、ぶり大根とか。
それからレトルトや電子レンジしか使えないとき。
最低レベルは3食外食のとき。

今は、この段階別でいうとレトルトや電子レンジしか使えない段階。生協を注文しているので、届くお弁当をレンジで温めたり、レトルトカレーを食べたり。今夜の夕食はレンジでチンの生協の海老グラタン。調子が悪いとスーパーへの買い物もしんどいので、生協でまかなえないものはコンビニ。
緊急事態宣言でお店の閉店が早いので、調子の悪いときは外で栄養を摂る私としてはなかなか厳しい。

それから、入院念慮(?)
私は調子が悪いと都内のストレス病棟のある精神病院のサイトをめぐって、アクセスや食事や差額ベッド代をチェックして、入院できそうなところを見つけてはホッとするという変なクセがある。これは調子がいいときには出ないのだが、また最近復活していて、夜な夜な都内のある精神病院のサイトを訪問しては入院妄想をしてなんとか気をまぎらわせている。
今目をつけているところは外出が割と自由そうなので、在宅勤務の日も多いことだし、仕事しながら入院出来ないかな…と思っているのだが、まあ仕事出来るレベルで入院なんてさせてくれないよね…

 | HOME |  »

プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
大人の(成人)発達障害です。「発達障害のわたしのこころの声」(学研)の著者です。
本には書けなかったこと、本を出してからの日々を綴っています。
会社員と一人暮らしが出来ていているのに、発達障害は確かなようです(診断済み)。



発達障害のわたしのこころの声 (ヒューマンケアブックス)

ランキング

広告

検索フォーム

QRコード

QR